読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つっつんブログ from LiLoinveve

大阪は心斎橋の美容室『LiLoinveve』で働くつっつんの徒然なる毎日

自転車を買ったので少し遠くまで足を伸ばした話。

日常

先日、僕は自分の誕生日プレゼントとということでBMXを購入した。



{597518C3-B879-45E1-800F-97DBDD9BEF3F:01}





(ちなみに11月になろうと喜んで誕生日プレゼントは受け取りたいので遠慮なさらずどうぞ)





それまではロードバイクに乗っていたのだが今回買うのを機にちょっと思考を変えてみようかなと。


ほらだって、僕ってワイルドキャラじゃないですか?



なのでスタイリッシュなロードバイクを降りなんとなくワイルドなイメージ(タイヤの太さとか無骨なイメージを勝手に持ってるいるので)BMXへと乗り換えたのだ。



乗り換えて約1ヶ月ほど経ったが街乗りをするには全然これくらいで問題がないのではないか?と思う。


基本的にはお店と家の往復、もしくは休みの日になども僕の行動範囲は狭いのでそこまでスピードなどは求めないしそれよりこの雑踏とした街並みを走るなら小回りの効くBMXの方が便利さを感じている。






しかし僕は感じたことがある。


もっと遠くまで走りたい!と。





新しいランニングシューズを買えばどこか遠くを走りたくなるだろう。
なんかすごい調理器具を買えばいつもと違うものを作りたくなるだろう。


それと同じように僕はもっとこの自転車とともにどこか遠くへ行ってみたい。


いつもと違う道を走りたいと。




そう思って少し遠くまで自転車でチャレンジしてみることにした。




過去に僕は京都まで自転車旅をして脱水症上寸前になりかけたこともあったし淡路島まで自転車旅をした結果到着と同時に土砂降りに見舞われる事件もあった。

更には琵琶湖一周をするため深夜に大阪を飛び出しそのまま滋賀へと自転車で向かったこともある。

その時は8/10周というもう少し頑張れよと言われんばかりのところで挫折したこともある。




過去の経験、そして反省を踏まえた結果僕が向かおうと思ったのが



{B26632AD-D33F-46BC-A0B7-4EA2A61412E7:01}



そう、近畿大学なのである。



なぜ近畿大学なのか。
この日は自分でも驚いたのだが奇しくも近畿大学文化祭の日だった。


大学の文化祭。




聞いただけで心躍る言葉ではないか(26歳 美容師)


僕は大学の文化祭というものに行ったことがない。

永遠の青春不足と言っても過言ではないだろう堤は今回目的地を近畿大学へと設定した。



そして青春を謳歌する学生たちに混じり僕もそんな気分を味わえば楽しいことが待ってるのではないか。


そんな不純な気持ちを胸に秘めて約10kmの道のりを走り出した。





と言っても正直一人で大学の文化祭に乗り込む勇気はなく友人でありお客様でもあるGIRACHAの堤くん(ややこしい)を前日に誘った。


{1907789A-EEA4-4B3D-8B8F-FF061B47F980:01}




彼は生粋の自転車バカだと思っている。

今回も彼にサイクリングでもしようよと言えば二つ返事で引き受けてくれた。


最初、箕面の滝でも行く?とふざけたことを言ってきたので黙って俺について来いとオラオラキャラで圧してみたら意外といけたので安心した。




そうして走り出したのだが普段の運動不足が影響したのだろうか。


約10分後、めっちゃ帰りたくなったのである。


思ったよりもアップダウンが激しく僕の足はすぐに悲鳴を上げた。



{94820AAF-C5C9-427C-BAD3-417BC4232312:01}




GIRACHAの堤くんのすました顔でスッーと走り抜けていく姿を見ることで余計疲れを感じた。





文明の進化に逆らった結果だ。
変な好奇心から動き出した自分を呪った。



{4ADBA9DB-8606-418D-B05A-811DF8C36B2A:01}




彼は自転車バカすぎて自転車の交通法はコウモリみたいなもんだよとか田舎道を走るとこの道は素晴らしいなど言い出した時にはこいつ何言ってんだよと思った。


最終的には先に見える生駒山を見てあれ越えたいなぁ…とボヤいた時は頭おかしいんじゃないかと純粋に感じた。



そうこう言いながら無事近畿大学に到着した。


{D09FA9C7-48CF-485E-ACFE-E44ED4E88AF1:01}





これが文化祭か。

心が弾んだ。




周りを見ればThe 大学生リア充と言っても過言でもない人たちがたくさんいる。



僕は結構若く見られやすいし大学生と言っても問題ないのではないかと。




それこそ綾瀬はるかみたいな女子大生から声を掛けられるんじゃないかと。



屋台を出店してる綾瀬はるか似の女の子に

『そこのお兄さん、アメリカンドッグいかがですかー?』

なんて言われた日には大人の財力を使って驚くべき客単価を弾き出してやろう。
そうすれば彼女の気持ちも簡単に…


そんなことまで考えていた。




だが現実は甘くない



{70F83E44-BA62-4751-87B2-A96A71D7FB71:01}






{EE4FA8E9-FB60-4701-9DF6-A40EBA694758:01}







{C04E0C64-C1B2-4A1A-998F-3DABCF8DA78D:01}




全然馴染めなかった。





残念ながら女子大生との甘い一時は叶わなかった。





さて、ここまでのブログをお読みになってなんだこのゲス野郎なんてお思いの方もいるだろうがこれはとあるブログへのネタ振りということを覚えておいて欲しい。



今はまだ内緒だがなぜ近畿大学へ行ったのか?という疑問。
また近いうちに分かるはずだ。



お楽しみに。




そして今回旅のきっかけをくれたGIRA GIRA CHARIYAもよろしくだ。




GIRA GIRA CHARIYA

大阪市西区南堀江 1-20-20 アンシャンテビル1F
堤くんもよろしくお願いします。



ありがとうございました。




LiLoinveve

〒542-0086
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F 
06-6796-8039

ご予約はつっつんまでどうぞ。