つっつんブログ from LiLoinveve

大阪は心斎橋の美容室『LiLoinveve』で働くつっつんの徒然なる毎日

2017年LiLoinveve社員旅行…フィリピンでモテるのは誰だ!!『ゴーゴーバー』に行ってみた。

 

 

こっちです!この角を曲がったところに…ほら!

 

 

イサミチは言った。

 

 

この辺の土地は大体頭に入れて来ました。

 

 

 

本当に頼りになる男だ。

僕も様々な旅をしてして本当に苦労したのが土地勘、そして店選びである。

 

 

初めて行く異国の地では道を覚えて行くにも時間がかかるしオススメのお店もわからない。

 

 

とりあえず運任せに店を選んだりして【大外れ】の場合もあるだろう。

 

 

 もしそれが長期間の旅であれば問題はない。

ただ短期間、5日間という旅であればやはり一回の行動の重要性は説明せずとも分かるだろう。

 

 

その問題をこの男、イサミチは解消してくれた。

 

初めてのフィリピンに臆することなく道案内を可憐にこなし、そして更にはお店の説明をしてくれた。

 

 

先陣をきって路地を進むいさみち

 

『あった、あった。この店っす。ここのテイストは日本人好みらしいっすわ』

 

 

もはやガイドを出来るレベルだ。

 

 

 

 

 

 

ただ、、イサミチ。

 

 

 

これ全部風俗じゃねえか。

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170205120330j:image

 

 

 

ほんまこいつヤバい。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ども。

 

今回は【下ネタ】要素の強いブログになってしまうのでご理解のない方は是非前のページに戻り

 

 

あたりでも見て和んでいただきたい。

 

 

 

さてみなさん、【ゴーゴーバー】というものをご存知だろうか?

 

日本にはあまりないお店だが東南アジアにはびこるいわば日本で言う所のキャバクラだろう。

 

 

 

ピンク色に輝くステージでセクシーに踊る女性。

その中からお気に入りの子を選び一緒に飲む。

 

 

キャバクラ】というものに僕は行ったことがないが日本だと1万円は優に超えるのではないだろうか。

 

しかしここ東南アジアだと自分のドリンクと女性のドリンクを合わせて飲んでも1000円くらい。

 

 

破格である。

 

 

更に言うとお店と女の子にお金を払えば外に連れ出すこともできるそうで東南アジアに行けば明らかに不釣り合いなカップルが街を歩いているのを度々目にする。

 

 

 

 

かつて6年前。

僕も人生で初めての【ゴーゴーバー】に行った。

 

あれもフィリピンだっただろうか。

 

 

その空間に圧倒された僕はあろうことがそんな場所で永遠と

 

『Don't touch me(私に触るな)』

 

 

と発してしまい女の子が

 

 

『は?お前何言ってんの?何しにきたの?

 

 

みたいな空気になり気まずい時間がただただ流れたのを覚えている。

 

 

その時の早く帰りたい気持ちは今も心に刻み込まれている。

 

 

 

しかしあれから6年。

 

 

 

僕は変わった。

 

 

 

今回、【つっつん海賊団】は友情をより深めるために【ドミトリー(相部屋)】(後ほどいいゲストハウスだったので書きます。)に宿泊しているので外に連れ出すようなことはもちろんないし何より僕には彼女様がいる

 

 

ただイケてる男と言えばやはり【女】はつきものだ。

 

 

今回僕の、いやメンバー全員のレベルアップを兼ねていかにあの空間を楽しめはじけることが出来るかを試してみたいと思う。

 

それが出来るようになっていればそれは【大人の品格】であり【成長の確認】をするチャンスなのである。

 

 

 

 

そんなわけでフィリピンは初めてのイサミチの案内で僕らは【ゴーゴーバー】で有名な【ブルゴスストリート】にいた。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170206115646j:image

 

 

その一角にある普通のご飯屋さん。

 

 

 

ここから僕らの夜の旅立ちは始まった。

 

 

 

 

イサミチを先頭にゴーゴーバーに入場するやいなや

 

『キャーッ!!!』

 

と飛び交う黄色い声。

 

 

あ、僕の人気はとうとうここフィリピンでも飛び交ってしまったのかと錯覚するほどだ。

 

 

 

【As soon as admission】(入場するやいなや)

 

 人生で初めて中学校で習った【as soon as】(〜するやいなや)を使った気がする。

 

 

 

ダンスホールでは

 

f:id:tsutsumi_223:20170206115915j:image

 (かなりお願いしてモザイクありの写真、普通に撮ったらめっちゃ怒られます。)

 

こんな感じで踊っている。

 

 

この中から選ぶわけだがイサミチの言う【日本人テイスト】の人はいなく【いかにも東南アジア】の風がそこには吹いていた。

 

 

 

早速イサミチはステージの真横で女の子を物色しているのを見ると

 

『あ、こいつ初めてじゃないな。』

 

そう思いました。

 

 

 

一瞬ビビりそうになったが僕は【イケてる男子】だ。

 

とりあえずめっちゃ手を振ってきた女性がいたのでその子を指名しみんなで一緒の席に着いた。

 

 

席に着くなり女性陣は

 

パーリー!パーリー!

 

と叫び出し勝手にテキーラを飲みだした。

 

 

『こいつら狂ってる』

 

 

それが僕の感想だ。

 

 

もちろんイサミチもフジロックに来た音楽好きなパリピのように雄叫びをあげていた。

 

お前、もう住めよ。

 

僕は心でつぶやいた。

 

 

 

 

その一方で隣のテライシくんに目をやると

 

 

目が死んでました。

 

 

『だ、大丈夫か?テライシ!』

 

そう声かけた僕に

 

『お、おう。馴れてないから。』

 

f:id:tsutsumi_223:20170206121348j:image

 

挙動不審な姿がそこにはありました。

 

 

いや、イサミチも馴れてないはずなんだけどと思いながら僕はこのブログを書くためにその状況を目に焼き付けていった。

 

 

 

お酒が入るやいなや(二回目のas soon as)イサミチはテンションが上がりもうカップルかのようにイチャイチャしている。

 

 

つっつんさん、ここ最高っすね。

 

 

カジノで勝った時よりも100倍いい笑顔で僕に語りかけた彼の顔は忘れない。

 

 

 

その一方でテライシは終始ひきつった笑顔で遠い目をしてビールを飲んでいた。

 

女性とも全く目を合わせず過ごす彼は

 

f:id:tsutsumi_223:20170206121645j:image

 

非常にシュールな写真となった。

 

 

 

その瞬間僕は

 

あ、初めて来た時の僕と同じじゃん。

 

と察した。

 

 

そうなると次に思う感情は

 

 

もう帰りたい

 

 

である。

 

 

 

僕はこの旅の船長でありみんなを引っ張るリーダー。

 

夜の旅ではイサミチに主導権を握られていたがここは戦況を立ち直らすため(テライシのテンションを上げるため)にいったん店を出ることを提案した。

 

 

テライシは『僕も今そう思っていた』とSMAPのシェイクを彷彿とさせる言葉を発していた。

 

 

 

 

ちなみにイサミチは

 

 

『つっつんさん、この子一緒に出たいそうなんですけど』

 

 

と言ったが

 

 

『だまれ』

 

 

と一喝して外に出た。

 

 

 

 

フィリピンの夜はまだ始まったばかり。

僕らは戦況を整えてまた違う店へと繰り出すのである。

 

 

次回!

 

『テライシが弾ける編』

 

お楽しみに。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
大阪,心斎橋,美容室,ヘア,ライフ,スタイル,サロン,LiLo in veve,リロインベベ

 

〒542-0086
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F
06-6796-8039

 

ご予約はつっつんまで、お電話かリロインべべ(LiLo in veve)|ホットペッパービューティーからどうぞ。

 

Twitterつっつん @LiLo in veve (@tsutsumi_223)さんはTwitterを利用しています
Instagramつっつん (@tsutsumi_223) • Instagram photos and videos


でも随時ご予約、ご相談などお待ちしております。

2017年LiLoinveve社員旅行…【ワンピース】から学ぶイケてる男達のフィリピン旅行 part2

 

 

ジリジリと音を鳴らし焼ける肌。

 

太陽は休むことなく僕を照らし続けた。

 

 

 

どっか行きたいところある?

 

 

 

おもむろに僕は問いかけた。

 

 

 

いいところか悪いところかわからないが僕は例えどんな時でも人の意見を尊重する。

もし【自分のやりたいこと】があったとしてももしかしたら他にもいい選択肢があるかもしれない。

 

自分の価値観の幅を増やす意味でも僕はこういう質問は必ずするのである。

 

 

それを踏まえた上で僕は考え、決断し、行動する。

 

 

そんな生き方をしてきた。

 

 

 

君は言った。

 

 

 

んー。そーだな、、遊園地水族館。あとは夕日を見たいかな。

 

 

 

なるほど。

 

 

 

確かにその選択肢は間違いないかもしれない。

 

 

会話に困ったとしても遊園地の和気藹々とし雰囲気、そしてアトラクションのホスピタリティにより笑顔が尽きることはないだろう。

 

水族館で優雅に泳ぐ魚達を見れば言葉なんていらない。まるで時間が止まったかのような心休まる瞬間

 

そして夕日という自然のくれたイルミネーションはナチュラルにロマンチックな空気を作ってくれる。

 

 

 

 

まさにどれも素晴らしい発想だ。

本当にいいポイントを押さえた提案であった。

 

 

 

 

 

ただ僕はその提案をすべて却下した。

 

 

 

なぜか。

 

 

 

それが男同士の場合だからだ。

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170202113438j:image

 

 

誰が行くか、バーロ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どうも。

 

二日目の夕方。

 

 

僕とイサミチはある男と合流した。

 

f:id:tsutsumi_223:20170202113726j:image

 

それが彼。  

 

テライシくん】である。

 

 

 

彼は東京の大手企業に勤める同級生。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170202114256j:image

(年末のカット後に)

 

 

遠方のためLiLoinveveには通うことは難しいが4年ほど前から帰省のタイミングなどで髪の毛を切りに来てくれている。

 

 

年末にもカットをしに来てくれた時にこのプランを話すと

 

 

『ちょうど昨日で会社を辞めたから1月暇しててん。』

 

 

とごく自然な流れでカミングアウトをしてくれたワンダーボーイである。

 

 

当初、1人でハワイかバリに行きサーフィンをしようか悩んでいたらしいが必死のプレゼンにより今回はるばる東京からフィリピンへと飛んで来てくれた。

 

1人でリゾート地とか多分友達がいないんだと思う。

 

そして合流して最初の会話が冒頭のくだりである。

謎だった。

 

 

そんなわけで僕ら【つっつん海賊団】は元気なニートを加えた合計3人で次の段階へと進むことにした。

 

 

 

それが

 

【資金調達】

 

である。

 

 

何事も先立つ物は【】であり特に旅行となると必ずと言っていいほど必要になってくるものである。

 

 

 

ただ僕らはあくまで【麦わら海賊団を超えたい系男子】なだけであり本当の海賊ではない。

 

本来海賊というものは金品を強奪してしまうのだろうが今は2017年。

 

そんなことをしてしまうとそれこそドゥテルテに殺られます。

 

 

じゃあどのようにして旅の軍資金を集めるか…

 

 

 

そう、それが

 

【ギャンブル】

 

なのである。

 

 

 

そんな中で僕が目をつけたのが

 

f:id:tsutsumi_223:20170202123559j:image

 

【オカダマニラ】である。

 

 

 

 

what's オカダマニラ?

 

2016年12月、フィリピンのマニラ湾岸エリアにおいて、世界最大のカジノリゾートプロジェクトホテル「オカダマニラ」が開業されることで、注目が集まっているのでまとめました。オーナーは何と日本人!!実業家であるエンタメ王・岡田和生氏。総工費は4200億円。

 

引用

 

 

日本人が初のカジノ経営をするということ、そしてオープンがなんと1ヶ月前。

 

 

これはもう

 

オカダが呼んでいる

 

そう思いました。

 

 

 

マニラの湾岸沿いを走ると

 

f:id:tsutsumi_223:20170202124219j:image

 

遠くの方に何か見えてくる。

 

タクシーの運転手にも『オカダマニラ』で通じるので問題はないだろう。

 

入場ゲートもセキュリティがしっかりとしていてその敷居の高さを感じさせる。

 

 

 

噂によるとコンセプトが【おもてなし】と【まごころ

 

 

きっと綺麗な女将が愛想よく迎えてくれるのだろうか。

そんな期待を胸に入場。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170202124945j:image

 

え、

 

f:id:tsutsumi_223:20170202125008j:image

 

お、

 

f:id:tsutsumi_223:20170202125029j:image

 

 

かなりギラギラしてました。

 

 

 

 

内装がピンク!ピンク!ピンク!

 

 

 

そしてふかふかな絨毯に高級車やバイク、そしてさらにはべっぴんなモデルさんまでが出迎えてくれるある意味素晴らしいおもてなし。

 

滝川クリステルもびっくりである。

 

 

入場システムはさほど難しくはなく入り口入って左手にあるカウンターでパスポートを提示。

そうすればオカダマニラのカードが無料で渡される。

 

あとはそこにお金をチャージすればゲームが楽しめるっていうわけである。

 

 

カジノ自体も初めて行くのでよくわからないが入場は無料だった。

要は空気を楽しむだけならばパスポート一つで楽しめるというわけだ。

 

 

 

ちなみにカジノコーナーでの写真撮影は禁止。

 

テライシくんは入場して30秒ほどで警備員に怒られていたので注意してくれ。

 

 

 

さて、僕はパチンコも行ったことはないギャンブル初心者である。

 

しかしビギナーズラックという言葉もあるように少しだけ期待感があった。

 

 

 

依存してもあれなのでとりあえず各人【今日の晩御飯代金(約2000円)をいかに増やせるか?】をベースに金額を決めて楽しむことにした。

 

 

 

 

僕はルーレットに向かう。

多分赤か黒に賭けていれば難しいことはない。

 

そう思ったからだ。

 

 

 

席に座るなり聞こえてくる

 

 

ざわざわ…

 

ざわざわ…

 

 

 

あ、カイジってこんな気持ちだったのか。

 

 

僕は改めて戦場のど真ん中に立ちその感覚を味わった。

 

 

 

 

ただ一つ、カイジと違うところは

 

 

飲み物や飯がタダで出てくるんです。

 

 

 

 

いや、普通なのかはわからないが席についているとウェイターさんが『ドリンクいる?』と聞いてくるんですよね。

 

こういう時って【こんな場所で頼むとべらぼうに高いんじゃないか】という不安に押しつぶされちゃうじゃないですか?

 

もしクソ高かったら嫌だなあって。

 

でも頼んだ手前断るのも悪いし、、なんて思ってたら

 

 

フリー!!

 

 

て言うんですよ、ウェイターが。

 

僕は言っちゃいましたよね。

 

まじか

 

って。

 

 

 

そこからはもう祭りですよね。

 

だって飲み放題なんですよ。

無料で入ってお酒飲めてなんならたまに軽食も持ってくる。

 

 

なんだここは夢の国かってね。

 

気付いたら5〜6杯飲んでましたからね、僕。

これもまたカイジが地下王国の労働の休息で飲んだビールを彷彿とさせた。

 

 

もうビールだけでお腹はパンパン。

本当に嬉しい悲鳴を無料で味わうことができたのである。

 

 

 

ただその一方で

 

 

 

僕の財布はスカスカになっておりました。

 

 

 

あ、これか。

 

これが狙いだったのか。

 

いつの間にか気が大きくなってきた僕はしっかりとチャージした金額を綺麗に使い終えておりました。

 

 

 

結局夕飯代を増やす旅に出たはずの僕は

 

 

しっかりそこで夕飯代を済ませるカタチになっていた気がします。

 

 

 

 

ちなみに他のクルーはと言うと

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170202130739j:image

 

 

見ての通り女好き【イサミチ】は勝ち、元気なニート【テライシ】は負けてました

 

 

 

しかし失った金額よりも最高の経験をさせてもらうことのできた【オカダマニラ】。

 

 

 

是非一度フィリピンに行った際はチャレンジしてみていただきたい。

他にも今後様々な複合施設ができるようなので要チェックである。

 

 

 

 

そう思う僕らなのでした。

 

 

 

 

ちなみに、僕とテライシくんは結局負け分の金額をしっかり両替(オカダマニラのレートはすごく良いです)しました。

 

 

 

 

次回は少しアダルトな内容をお送りしますので下世話大好きな皆様お楽しみに。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
大阪,心斎橋,美容室,ヘア,ライフ,スタイル,サロン,LiLo in veve,リロインベベ


〒542-0086
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F
06-6796-8039

 

ご予約はつっつんまで、お電話かリロインべべ(LiLo in veve)|ホットペッパービューティーからどうぞ。

 

Twitterつっつん @LiLo in veve (@tsutsumi_223)さんはTwitterを利用しています
Instagramつっつん (@tsutsumi_223) • Instagram photos and videos


でも随時ご予約、ご相談などお待ちしております。

  

 

2017年LiLoinveve社員旅行…【ワンピース】から学ぶイケてる男達のフィリピン旅行 part1

 

『海賊王に俺はなる。』

 

 

麦わらの帽子を被った少年はそう叫んだ。

 

 

かつて その海を制したのは海賊王、ゴールドロジャーただ1人。

幾多の海賊がそのロジャーの財宝を目指す大海賊時代。

 

 

当時の麦わらの彼を見て世間は笑っただろう。

 

何を言っているのだと』 

 

 

しかしあれから20年が経った。

 

今やその少年は懸賞金が5億ベリーにも跳ね上がり一つの時代を作ろうとしていて誰もがその存在を認めるようになった。

 

名高い海賊たちを倒し夢ある冒険サクセスストーリーを駆け上がっているのだ。

 

 

そんな彼に心惹かれる人は少なくない。

僕もその1人である。

 

あの素直さ、そして誠実さ。

何より【有言実行】できる意志の強さ。

 

本当に尊敬の念である。

 

 

 

 

とある情報を見るまでは…

 

 

 

僕はいつものようにコンビニで立ち読みをしていた。

この日はanan漫画特集だっただろうか。

 

 

そこははっきりとは覚えていない。

 

 

しかし一つ、はっきりと覚えているのは

 

 

 

【胸を焦がした、漫画キャラ心の恋人ランキング】

 

 

 

で麦わらの彼が堂々の第1位を獲得していたことである。

 

 

 

 

 

 

その順位を見た時に僕の念は【尊敬】から【嫉妬】へと変わっていた。

 

そう、漫画キャラに嫉妬したのである。

 

 

 

ほら、僕ってやっぱり【三次元のイケてる男代表】じゃないですか?

 

飽くなき探究心と向上心を持ち合わせた僕からすると例え世界が違うとしても【二次元に負けること】は許せないんですよ。

 

 

 

つまり、

 

三次元と二次元の統一王者

 

を僕は目指さないといけない。

 

 

イケメン界の井岡一翔にならなければ、と気付かされたわけなんです。

 

 

 

 

 

といってもやはり麦わらの壁は高い。

 

そりゃかつてアーロンやドフラミンゴなど強い男を倒してきただけあるのである。

 

 

 

あいつにあって、僕にないもの…

 

 

 

 

 

その時一つの光が見えた。

 

 

 

『あ、、、仲間だ。』

 

 

 

そうルフィにあって僕にないもの。

 

それは【仲間との冒険】から生まれる【熱い友情】ではないだろうか。

 

 

かつて【難波のジュードロウ】と呼ばれた僕も【仲間との旅行】の経験はない。

 

 

盲点だった。

 

 

 

 

それに気付いた僕は

 

 

 

 

 

仲間(お客様)を誘ってフィリピンへと旅立ったのである。

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170201225802j:image

 

 

 世はまさに大海賊時代。

 

僕はいったい何を言ってるんでしょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

二日目。

 

 

この日、僕はこの旅の新たな船出を迎える。

 

 

クルー(メンバー)はもう呼んである。

前回のブログでも書いたがバースデーボーイイサミチ

 

 f:id:tsutsumi_223:20170201225915j:image

 

お客様として毎月のように来ていただきイケてるヘアスタイルにさせてもらっている。

 

 

彼は麦わらで言うサンジ的なポジションであろうか、分かりやすく言うと

 

 

無類の女好き

 

 

である。

 

 

そんな彼とまずは敵情視察。

朝ロビーにて集合したのだが

 

 

 f:id:tsutsumi_223:20170131121859j:image

 

 

めっちゃ老けてました。

 

昨夜のバースデーショットが効いていたのかいかんせんグロッキー。

 

そんなハングオーバーな彼を連れてパサイ市を航海(散歩)することにした。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170131122046j:image

 

 

 パサイ市はかつてアメリカの統治時代に発展した街。

その派生からかはわからないが今もなお交通の要衝になっている。

 

海沿いに面するこの場所は発展した都市と今もなお古き良き街並みが混在するフィリピンをある意味代表する場所ではないだろうか。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170131122459j:image

 

 

いったい何車線あるのだと言いたいばかりの大きな通り

車の交通量も多くクラクションが鳴り響く。

 

 

しかしそんな雑踏とした通りから一本筋に入るだけで

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170131122637j:image

 

 

こんな下町情緒溢れる道へと変貌を遂げる。

 

 

一気に生活感が溢れフィリピンの雰囲気を堪能できる。

そんな街並みでカメラを向ければ

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170131122806j:image

 

 

誰でもTRANSITBRUTUSのような一枚を撮ることが出来る。 

こいつキメすぎやろ。少しイラっとした。

 

 

さらにこの街を抜けると

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170131123053j:image

 

 

徐々に発展した都市になり

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170131123136j:image

 

 

こんな素敵な超大型ショッピングモールも登場する。

 

僕はかつて様々な東南アジアの諸国を回ってきたがこれほど貧富の差が隣接する街はフィリピンが一番ではないかと思う。

近くにいるのに交わらない、まさに僕とはるか(綾瀬さん)の関係のようである。

 

イサミチにはこのフィリピンの街の空気を味わって欲しかったが

 

 

『つっつんさん、早よ酒飲みましょ』

 

 

届いてないかもしれない。

 

 

そんなわけで場所をオープンカフェに変え僕らはしばし休憩をとった。

 

f:id:tsutsumi_223:20170131123713j:image

 

やはり海賊といえば【】である。

暑いフィリピンの気候にやられた僕の五臓六腑に染み渡った。

 

 

泡が全くない生ビールは斬新だった。

 

 

 

さて、麦わら海賊団。

 

当初メンバーはルフィとゾロのみだった。

そこから徐々にメンバーは増えていき今では9名の少数精鋭部隊となっている。

 

そう、幾多の試練を乗り越え仲間は徐々に増えていく。

 

 

 

今回のつっつん海賊団も…

 

 

 f:id:tsutsumi_223:20170201092228j:image

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170131143032j:image 

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170201092202j:image

 

 

 増えていくのである。

 

 

次回!

 

【新メンバー合流!いざ一攫千金の夢の島へ!】

 

是非ご覧くださいませ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
大阪,心斎橋,美容室,ヘア,ライフ,スタイル,サロン,LiLo in veve,リロインベベ

 


〒542-0086
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F
06-6796-8039

 

ご予約はつっつんまで、お電話かリロインべべ(LiLo in veve)|ホットペッパービューティーからどうぞ。

 

Twitterつっつん @LiLo in veve (@tsutsumi_223)さんはTwitterを利用しています
Instagramつっつん (@tsutsumi_223) • Instagram photos and videos


でも随時ご予約、ご相談などお待ちしております。

 

2017年LiLoinveve社員旅行…フィリピンの禁断の果実【バロット】を食べてみた。

 

 

深い眠りから覚めた。

 

いったいこの暗い闇の中にどれくらいいたのだろうか。

 

 

外から聞こえる賑やかな声。

 

その声は近いようで遠い。

 

 

ココハドコ、ワタシハダレ。

 

 

早く明るい光に包まれて

 

外の世界を走り回りたい。

 

 

太陽の暖かさ、

 

緑に生い茂る草や花、

 

終わることなく流れる小川のせせらぎ。

 

 

 

そんな世界を目一杯駆け抜ける。

 

 

 

そしていつの日か僕は素敵な女性と出会って

 

暖かい家庭を築きたい。

 

 

 

たくさんの家族に囲まれて

 

たくさんの笑顔に包まれて

 

 

 

ねえ、僕はいつ外の世界にでれるのかな。

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170125192641j:image

  

 

厨二感がすごい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

どうも。

 

引き続き先日行って来た2017年LiLoinveve社員旅行の様子を綴って行きたいと思う。

 

 

飛行機に乗ること4時間

 

 

僕らはフィリピンに到着した。

 

f:id:tsutsumi_223:20170126113816j:image

 

 

フィリピンは特にビザもいらないので入国手続きなどはさっと済ましとりあえずこの日宿泊のホテルに向かった。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170126113932j:image

(5人での移動のため3:2で分かれタクシーに)

 

 

かつて2度、フィリピンに訪れた時はタクシーに乗る際に必ずと言っていいほど価格交渉が行われた。

 

ほとんどの人が中々の値段(と言っても日本の半額以下)をふっかけてきて僕が『メータを回せ!』と言っても中々回さず乗せてくれない。

 

最終的には言い値を値切っていき折り合いをつける。

 

 

そんなフィリピンのタクシー事情だった。

 

 

しかし今回、これもドゥテルテ効果かわからないが最初に値段をふっかけては来るが『メータで行く』と言えばしっかりとメータでの移動が可能になっていた(ラッシュアワーを除く)。

 

 

比較的タクシーに乗りやすい国。

 

 

僕はそう感じたのである。

 

 

最初の日はパサイ市に宿をとっているため空港から15分ほど移動。

 

 f:id:tsutsumi_223:20170126115029j:image

 

思ったよりもかなりローカルなところに宿をとってしまっていたようだ。

 

 

チェックインを済まし荷物を部屋に置く僕等。

 

あたりは日も暮れ始め外も賑わってきた。

 

とりあえず飯でも行くか

 

誰かがそう言うのをきっかけに僕らは外に出た。

 

『フィリピンで最初の食事。何を食べようか。

 

そう思い考えていると不思議な光景を見かけた。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170126120124j:image

 

 

大量のゆで卵移動型の屋台に乗って売られているではないか。

 

 

そう、ご存知の方も多いだろうがこれは

 

【バロット】

 

の屋台である。

 

 

 

バロットとは?

 

バロットまたはバロッ(タガログ語: balut)とは、孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵である。

 

 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/バロット

 (詳しくはこちらからどうぞ。画像がえぐいので注意を)

 

 

 

孵化直前の卵をゆで卵に…

 

想像しただけで

 

 

あ、これはあかんやつやん

 

 

となるわけである。

でもまぁそこはLiLoinveve。

 

当然の如くスタッフ全員分堀田さんがご購入。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170126135649j:image

 

ぱっと見はゆで卵

というか持った感じもゆで卵

 

 

しかしこの中には孵化直前のアヒルが、、、

 

そんなことを考えながら横を見ると

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170126135851j:image

 

 

ドン引きしてました。

 

 

これはマジであかん。これはマジであかん。

 

そう嘆く圭太さんですが流石です。

これもフリなわけでございます。

 

 

そんなことを叫んでいる間に他のメンバーは食べ出します。

 

f:id:tsutsumi_223:20170126135939j:image

 

イサミチなんかは

 

マジうまい。ゆで卵よりうまい。塩やばい。これ住めますわ。

 

とのこと。

 

 

バロット食っただけで住めるとかこいつ何言ってんだろ。

 

 

そう思う僕でした。

 

 

 f:id:tsutsumi_223:20170127152824j:image

 

 

殻を開けると固まった黄身の部分となんとも言えない歯応えの部分、そしてほんのり鳥の出汁が出ているような気がします。

 

 

もちろん先ほどあんな顔をしていた圭太さんも

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170127153514p:image

 

 

パクッと食べ

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170127153526p:image

 

 

味わうと

 

 

 

 …

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170127153553p:image

 

 

『ひゃぁあああいあおおおあ!!!』

 (表情からご理解ください。)

 

 

となるわけである。

 

この魅惑の卵、【バロット】を機会があれば是非ご賞味頂ければ幸いである。

 

f:id:tsutsumi_223:20170127223946j:image 

 

 ちなみに大阪だとにたようなものが

 

BIA HOI

 

で食べれるみたいなのでチェックしてくれ。 

 

 

 

そんなゲテモノを食べた僕等は

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170127162236j:image

  

フィリピンでも大人気の【Jollibee】に行き(Jollibeeについては大好きになったのでまた後日書かせていただきます。)バロットの後味を流したり

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170127162351j:image

 

マカティのグリーンベルトにあるフィリピン料理【Mesa】に行ってこの日誕生日のイサミチを

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170127162949p:image

 

お店総出で

 

 f:id:tsutsumi_223:20170127163143p:image

 

 お祝いしていただいたりと素敵な夜だった。

 

 

 

バロットを食べてぐったりしていた圭太さんも

 

f:id:tsutsumi_223:20170127211816p:image

 

なんかひくぐらい楽しんでました

 

 

 

そんなこんなでフィリピン初日としては最高の門出を迎えられたのではなだろうか?

 

と言ってもまだ1日目。

まだまだ社員旅行は続くのである。

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

大阪,心斎橋,美容室,ヘア,ライフ,スタイル,サロン,LiLo in veve,リロインベベ


〒542-0086
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F
06-6796-8039

 

ご予約はつっつんまで、お電話かリロインべべ(LiLo in veve)|ホットペッパービューティーからどうぞ。

 

Twitterつっつん @LiLo in veve (@tsutsumi_223)さんはTwitterを利用しています
Instagramつっつん (@tsutsumi_223) • Instagram photos and videos
でも随時ご予約、ご相談などお待ちしております。

 

 

 

 

 

2017年LiLoinveve社員旅行…【フィリピン】に行って来ます編

 

『くそったれが』

 

 

フィリピンの第16代大統領ドゥテルテは言った。

 

 

過激発言、過激政策。

 

かつてはダバオ市長につき【ダバオ・デス・スクワッド】という自警団組織を編成。

犯罪者を超法規的な処刑で罰し治安の回復、そして東南アジア1の治安の良い街を目指した。

 

そして去年大統領選に出馬し91%の支持率を獲得し現在に至る。

 

 

当時日本にいた僕は『自分には関係のない話』そう思い過ごしていた。

 

 

確かに超法規的な政策は注目を浴びたが所詮対岸の火事

それにより僕の生活に何かの影響が起こると思わなかった。

 

 

 

そう。

 

この瞬間までは。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170124150851j:image

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 2017年1月16日。

 

 

僕は関西国際空港にいた。

 

f:id:tsutsumi_223:20170124151044j:image

 

この時期、毎年恒例の【LiLoinveve社員旅行】のためである。

 

 

今回の目的地は【フィリピン】。

 

思い出せば2010年から毎年海外へと行く機会を作ってくれている堀田さん。

 

 

LiLoinveveの社員旅行は

 

実際に触れて感じること

 

をモットーにリアルを体験しそして感じ考える。

毎年刺激的な土地へと連れてってくれる本当に素敵な旅行である。

 

 

 

そして何を隠そう2012年、初めて社員旅行で行った先も【フィリピン】なのである。

 

当時の僕は右も左もわからずネットで【海外旅行に持っていくべき50のモノ】を検索し旅行カバンがパンパンになったのを覚えている。

 

 

アルコール消毒液。

虫除けスプレー。

ハンドジェル。

 

 

などたくさんのものをカバンに突っ込み関空の門を開いた。

 

自分でも無知とは怖いなとその時感じたのだがあろうかとかその類のものを機内持ち込み用カバンに詰め込んでいたせいでほぼ全てのものを空港で没収されたのはいい思い出だ。

 

 

まさか日本を出国するまでに荷物が半分ほど減るとは思わなかった。

 

 

とはいえ今じゃ毎年二回。

日本を飛び出している。

 

パスポートのスタンプも今じゃ空きがなくなって来た僕はある程度旅行に慣れてきたしその土地で感じる感度も高くなってきたと自負している。

 

 

さてそんな社員旅行。

 

 

安定の関空集合だったわけだが今回はLiLoCoffeeのロースターでもあり店長でもある圭太さんが初参戦である。

 

 

圭太さんは東南アジアに行くのは初めて。

 

f:id:tsutsumi_223:20170124152849j:image

 

早速Tシャツにダウンベストといういかにも外国人旅行客みたいな格好で空港にいた。

 

 

改めて思うかクソダサい。

 

 

 

そして今回さらにもう1人。

 

f:id:tsutsumi_223:20170124153023j:image

 

お客さんのイサミチ君も参加である。

 

何度も言うが今年は【お客さんと一緒に楽しむ】をモットーにしたい僕。

 

そんな思いを堀田さんに伝え社員旅行にお客様の参加を直訴した結果つっつんが観れる範囲でならという許可をもらった。

 

そんなわけで参加を募ったところまず一番に手を挙げてくれたのが彼だった。

 

  

イサミチ『韓国以外に行ったことないんでマジ楽しみっす

 

と意気込む彼。

 

空港で荷物の最終確認をしていたところ

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170124153339j:image

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170124153604j:image

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170124153622j:image

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170124153629j:image

 

 

コンドームが出てきてました。

 

 

 

『イサミチ、何か落ちたで。』

 

 

と言ったところ

 

 

『やっぱり海外のやつは不安ですからね』

 

と。

 

いや、お前が一番不安やわ。

 

と心の中で呟く僕なのである。

 

 

 

 

イサミチの持ち物に不安を覚えた僕であったが無事LiLoinveveのメンバーも揃いいざフィリピンへと飛び立つのであった。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170124154026j:image

 

 

今年の社員旅行はどんなことを感じ、そしてどんな旅になるのか。

 

それを考えるだけでワクワクは止まらない。

 

 

ちなみに機内では勤勉家の圭太さんは

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170124155256j:image

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170124155341j:image

 

 

こんな時でもコーヒーについての研究に余念がない。

さすがは大阪、いや日本を代表するロースターである。

 

そんな横で本を読む堀田さんは 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170124154236j:image

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170124154316j:image

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170124154336j:image

 

 

【フィリピン不動産を買いなさい】

 

という本を厳しい表情で読んでました。

 

 

金の匂いがすごい。

 

 

 

 

そんなLiLoinveveの社員旅行。

 

どんどん書いて更新いきますのでよろしくお願いいたします。

 

 

ちなみにもう日本に帰国しておりますのでご予約、ご来店などどんどんお待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。

 

次回もお楽しみに。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


大阪,心斎橋,美容室,ヘア,ライフ,スタイル,サロン,LiLo in veve,リロインベベ

 


〒542-0086
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F
06-6796-8039

 

ご予約はつっつんまで、お電話かリロインべべ(LiLo in veve)|ホットペッパービューティーからどうぞ。

 

Twitterつっつん @LiLo in veve (@tsutsumi_223)さんはTwitterを利用しています
Instagramつっつん (@tsutsumi_223) • Instagram photos and videos


でも随時ご予約、ご相談などお待ちしております。