読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つっつんブログ from LiLoinveve

大阪は心斎橋の美容室『LiLoinveve』で働くつっつんの徒然なる毎日

【Tinder】を始めて出来た彼女は【つっつん】の紹介だった話。

 

皆さんはこのブログを覚えているだろうか?

 

 

 

 

 

そう、せんちょが【Tinder】で未来の彼女を探すストーリー。

 

 

 

おかげさまで反響もよく

 

 

僕もTinder始めました!

 

とか

 

教えて!Tinder先生!

 

とか

 

Tinderのまわし者。

 

とか

 

僕は一躍【Tinder美容師】という素晴らしいレッテルをいただけた。

 

 

こんな称号をもらった僕だけど確実に営業妨害だよね、これ。

なんか【Tinderやりまくってるチャラい美容師】みたいな感じになってるのが残念ではある。

 

念を押して言いたいが僕自身はやっていないのでご注意を。

 

余談ではあるが僕が今目指してるのは【菅田将暉風美容師】なんでそこは間違えないでいただきたい。

 

 

 

まぁそんなTinder先生だがこう呼ばれるようになった所以もせんちょのおかげである。

ああいうブログを書かせていただける懐の深さと言ったらありゃしないというわけだ。

 

 

さてそんなせんちょが【Tinder】を始めて約2ヶ月が経とうとしている。

 

 

果たしてせんちょに成果はあったのだろうか?

 

 

 

今回はその辺に焦点を当ててブログを始めて行こう。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170113112413j:image

 

 

おい、タイトルでネタバレじゃねえか。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 ピロロン。

 

 

 

携帯が鳴った。

この音はラインの通知だ。 

 

 

 

普段からほぼラインで予約を承らさせていただいている僕。

(ラインでご予約希望の方はお気軽におっしゃってください。)

 

 

 

年末の忙しさを迎える少し前。

 

これは予約のラインかな?

 

そう思い携帯を開いた。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170113112536j:image

 

 

大体の人が僕とのラインの始まりは挨拶からではなく『つっつん!』から入ってくる。

 

もちろん確実に僕にラインしているわけであって『つっつん!』と言われても

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170113112649j:image

 

 

としか返せない僕のボキャブラリーの貧困具合を垣間見れる。

 

 

すると入ってきたラインが

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170113112806j:image

 

 

とな。

 

 

あ、いきなり告白されてんじゃん。と思いの方もいるだろうがもちろん僕じゃない。 

 

 

そう、この流れからお察しの通り

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170113114421p:image

 

 

せんちょなのである。

 

 

今回連絡をくれたのはもう4年ほど担当させていただいている同級生の女の子。

元美容師ということもあり他店ともたくさんの繋がりがある中でコンスタンスにウチに来ていただけることにいつも感謝している。

 

 

そんな彼女が僕に『この人かっこいい!』と思い勇気を出して行動してくれたのだ。

 

まぁね、そんな彼女のために【デアイナー】として僕のやること決まってるじゃないですか?

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170113114621j:image

 

 

となるわけである。 

 

 

 

 

そこからはトントン拍子に進んだ。

 

 

僕はちょうどラーメン屋に行くラインをしていたせんちょに

 

f:id:tsutsumi_223:20170113122852j:image

 

と送り詳細を話した。

 

 

 

『僕のインスタグラムに投稿したせんちょの写真を見てタイプと言ってる女の子がいるよ。』と。

 

 

 

 

 

せんちょのことだからクールに返してくるだろうと予想していたのだが

 

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170113125211p:image

 

 

 

クソ長い狂気に満ちたラインが送られて来ました。

(プライベートな内容も含まれているためモザイクをかけてますが要は『ありがとう、つっつん。是非紹介してください。』てこと。)

 

 

え、なにこれ怖い。

 

 

 

喜びのあまり壊れた瞬間。

僕は迷わずスクリーンショットしたことを今でも鮮明に覚えている。

 

とはいえそれくらい嬉しくそして僕に感謝のラインをくれるせんちょの事を僕はさらに応援したくなった11月。

 

 

それからというものちょくちょくせんちょから現状の報告を受けながら年末を乗り越え2016年の営業が終了した。

 

  

 

そして12月31日。

 

 

 

僕は先日も書いたように二日酔いの中新幹線に揺られていた。

 

 

 

すると

 

 

ピロロン

 

 

携帯が鳴った。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170114090905j:image

 

 

安定の一通目は『つっつん』である。

 

もちろん今回も

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170114090939j:image

 

 

 

と返信したところ

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170114090958j:image

 

 

という報告と

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170114091021j:image

 

 

ツーショットの写真が送られて来た。

 

 

 

僕がここで体調絶好調であれば速攻で

 

『おめでとう!自分のことに嬉しいよ!』

 

とともに喜びを分かち合えただろう。

 

 

 

ただこの時は二日酔いと戦って卑屈になっていたため

 

 

 

あ、せんちょ。調子乗ってんな

 

 

 

と思った僕は

 

 

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170114173624j:image

 

 

 

 

とだけ返したのであった。

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

さて全3回からなるこの【Tinder】シリーズも無事完結いたしました。

 

 

みなさんが楽しんで読んでいただければ幸いでございます。

 

 

 

僕が昔から目指している美容師像は

 

ご来店いただけるお客様の髪の毛はもちろん、その先にあるライフスタイルをより良いものにすること。

 

と常日頃から思っております。

 

 

【良いもの】とは人により感じ方は様々だと思うのですがそんな中でも今のライフスタイルよりも少しでもLiLoinveveに来て充実した、楽しくなった。』と思っていただければそれこそ僕の生き甲斐であり、やり甲斐を感じる瞬間なのです。

 

 

なので僕はお客さん同士を巻き込んで楽しむことで仲の良い友人グループができたり、また今回のようにカップルも生まれたり(去年末には三組も出来ました)、と楽しい時間をみんなで共有するのことをこれからも企画してそしてブログにしていきたいと思っております。

 

 

ご来店、ご参加お待ちしております。

 

 

 

 

 

そしてせんちょ、3回もこのブログ登場していただきありがとうございました。

 

4回目がない事を切実に願っております。

 

 

 

今回はサクッと【せんちょ】報告ブログでした。

ありがとうございました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  


大阪,心斎橋,美容室,ヘア,ライフ,スタイル,サロン,LiLo in veve,リロインベベ


〒542-0086
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F
06-6796-8039

 

ご予約はつっつんまで、お電話かリロインべべ(LiLo in veve)|ホットペッパービューティーからどうぞ。

 

Twitterつっつん @LiLo in veve (@tsutsumi_223)さんはTwitterを利用しています
Instagramつっつん (@tsutsumi_223) • Instagram photos and videos


でも随時ご予約、ご相談などお待ちしております。