読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つっつんブログ from LiLoinveve

大阪は心斎橋の美容室『LiLoinveve』で働くつっつんの徒然なる毎日

ただただ流行りに乗っかりたいだけのブログ。

さて今回のブログは

 

とりあえず流行りの言葉を使いまくってどんどんアクセスを増やそう

 

というブログである。

 

 

 

そしてその流行りの言葉は何かと言うと

 

 

ポケモンGO

 

f:id:tsutsumi_223:20160801134359j:image

 

 

なわけである。

 

 

 

 

あれはまだ僕が小学生だっただろうか。

当時ゲームボーイで発売されたのがポケットモンスターである。

 

僕は両親に必死の願いを伝えを手に入れた。

 

 

マサラタウンから始まった旅。

 

トキワの森ピカチュウを探し続けてゲットした喜びは忘れないし必死にレベルをあげ臨んだ最初のリーダーがふざけたことに雷と相性最悪の岩タイプだった時はタケシのことが大嫌いになった。

 

またアニメのサトシに憧れキャタピートランセル、そしてバタフリーへと進化させ僕もサトシと同じメンバーでクリアしようと考えていたのだがバタフリークソ弱かった時はアニメの矛盾を覚えた。

 

ケーシィなんて出会ったと同時にテレポートとかいうふざけた技でどっかに行って捕まえることが出来ずイライラしたりもした。

 

 

 

しかし今から考えると僕はポケモンから様々なことを学んだんではないだろうか。

 

 

 

属性をコントロールし火には水、水には草、草には火と相性を考え戦ったり

 

 

ただただ目があっただけでいきなり知らない奴に絡まれバトルが始まる世の中の不条理を知り

 

 

可愛いポケモンも進化(加齢)していく度に可愛さは失い強くなる代償にイカつく(老ける)なるという摂理に出会い

 

 

草むらなどを避け目の前の敵からも逃げれば強くなることは出来ず先には進めないという人生の本質をも学んだ。

 

 

 

僕ら平成元年世代はポケモンに育ててもらったと言っても過言ではないだろう。

 

 

 

そんな僕は公開と同時に即ダウンロードをした。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20160801135636p:image

 

 

f:id:tsutsumi_223:20160801135710p:image

 

 

そして始まったポケモンライフなのだが

 

 

 

結論から言おう。

 

 

 

こんな暑い中外に出たくない。

 

 

 

本当にポケモンを捕まえるためにこの暑い中スマホ片手にポケモンを探しまくる人を本当に尊敬する。

 

 

 

 

 

僕はというと

 

 

f:id:tsutsumi_223:20160801140728p:image

 

 

コラッタしか出てこないLiLoinveve

 

 

f:id:tsutsumi_223:20160801140815p:image

 

 

一匹もモンスターが出てこない我が家の中だけで楽しんでいる。

 

 

 

 

皆さん歩きスマホには注意しよう。

 

 

 

ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 大阪,心斎橋,美容室,ヘア,ライフ,スタイル,サロン,LiLo in veve,リロインベベ

 

〒542-0086
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F
06-6796-8039


ご予約はつっつんまで、お電話かリロインべべ(LiLo in veve)|ホットペッパービューティーからどうぞ。