読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つっつんブログ from LiLoinveve

大阪は心斎橋の美容室『LiLoinveve』で働くつっつんの徒然なる毎日

僕の時代が来ました。

約1年前。

僕はとあるブログを投稿した。




f:id:tsutsumi_223:20160531191140j:image



綾瀬はるかに近付きたい。
そんな思いで僕は福士蒼汰になることを夢見ました。


髪の毛をカットし更には似たような服を着た。



しかし、世間の風当たりは強く


『美容師なのに鏡とかってあんまり見ないの?』


と間接的に僕をdisって来たり


『落合副詞くんのほうでしょ?』


と誰がそんなうまいことを言えと思わせたり


『あれから福士蒼汰を見たらつっつんがフラッシュバックしてきて非常に不愉快』


と、サブリミナル効果を否定されたりとさんざんだった。


ちなみに言っておくが別にあなた方によく見られたいがために福士蒼汰になりたかったわけではなくあくまで綾瀬はるかさんに近付きたいという純粋な男心であるので別に気にしてはなかった。



しかしあまりにも否定され続けてきた僕は少し心折れかけた。



なんて世知辛い世の中なのだと。



結果的に心折れた僕は斎藤工さんであったりJ soul brothers岩ちゃんになろうとしたり今や僕の代名詞でもある綾野剛さんになった←ここ大切。



本来の目的であった綾瀬はるかさんに近付きたいという思いはどこか遠くへと消えていってしまっていたのだ。





そんな時夢を見た。




僕の目の前に現れたのは岡本太郎


彼は言った。


『人生はキミ自身が決意し、貫くしかないんだよ』


と。


そうか。周りの意見に左右されてしまって僕は本来の決意を忘れてしまっていたのかと。


何日か前に行ったエキスポシティでふと目を横にした時に見た太陽の塔

きっとその太陽の塔にいた岡本太郎さんが僕を見て『つっつん、貫くしかないんだよ』そう思って夢に出てきたのだろう。


僕は


『はい。先生。』


そう言うと岡本太郎先生はどこかけ消えていった。





その時目を覚ました。


いったいあれは何だったんだ。

そう思った僕はふと付けっ放しにしていたテレビから流れてきた声に耳を傾けた。



福士蒼汰さん演じる大学生の堤は…』


僕は耳を疑った。

何を言っているのだ。
これは寝ぼけているのか?
これはまだ夢の続きか?と。



もう一度テレビを見ると



f:id:tsutsumi_223:20160531183956j:image



マジかよ、おい。



だってあれだけ福士蒼汰を追っかけていた僕がいつの間にか福士蒼汰に追っかけられていたんですよ。



これは来たなと。



なんども言うけど

『堤の時代が来たな』

とそう実感しているわけです。



f:id:tsutsumi_223:20160531190514j:image



みなさん、

僕を追いかけだした福士蒼汰さんの出演するドラマ『お迎えデス。』是非ご覧ください。


ちなみに僕は見てません。


ありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーー




〒542-0086 
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F 
06-6796-8039

ご予約はつっつんまで、お電話かリロインべべ(LiLo in veve)|ホットペッパービューティーまでどうぞ。