読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つっつんブログ from LiLoinveve

大阪は心斎橋の美容室『LiLoinveve』で働くつっつんの徒然なる毎日

四拍子揃った大人気イタリアン。天満 『裏HIROYA』


唐突だが、


『裏メニュー』

という響き。なんだかそそられないだろうか?



これこそ男のロマンであり、裏メニューを頼める店があることが男のステータスであると思う。


自分だけの特別感というか。
普通の人は手に入れることの出来ない優越感というか。


なんとも言えない幸福感に包まれるはずだ。




例えば気になる女の子とご飯に行った時に


大将!この子に裏メニューのあれ!出してあげて。


なんてセリフを口にしたら確実に女の子の頬は紅潮してしまうじゃないですか?。


僕からしたらこれこそが最上級のモテワードだと自負している。




しかし『裏メニュー』というのは中々ハードルが高い。


それもそのはず。

気になるお店に通い続け大将に気に入ってもらえない限り『裏メニュー』にはありつけない。



要は時間と行動力が必要なアイテムなのである。



しかし僕は不可能を可能に変えるつっつん』じゃないですか?
現代のナポレオン』とも呼ばれる『つっつん』じゃないですか?



今回は皆様に逆転の発想を使いそんなモテワードを使っていただけるお店をご紹介したいと思う。


f:id:tsutsumi_223:20160519205431j:image


ーーーーーーーーーーーーーーーー

とある雨の夜。



僕は天満駅にいた。


f:id:tsutsumi_223:20160519205648j:image


天満』といえば今や『なんば』『福島』に次いでグルメタウンの称号を得た街である。


この街に降り立てば活気のある雰囲気と素敵な匂いにそそられ気付けば生ビールクッと飲み干しているのではないだろうか?



そんな陽気な街を駅から歩くこと5分。



今回お目当てのお店に着いた。



『裏HIROYA

f:id:tsutsumi_223:20160519210305j:image



ご存知の方も多いだろう。
天満でも大人気のイタリアンである。


この日は雨だったおかげで18時過ぎに到着しても入ることができた。
しかし普段は開店前から行列が出来て17時半過ぎから並ばないと入れない日もあるそうだ。



注意してくれ。



店内は大きめのコの字型のカウンターとなっている。


f:id:tsutsumi_223:20160519211826j:image


これは奥の席から撮影したのでわかりにくいと思うが店内はこんな感じ。
お世辞にも洒落てるとは言い難いが席に座ると店内の陽気な雰囲気と厨房の活気にワクワク感はかなり増す。



とりあえずドリンク。

普段は一杯目は必ずビールの僕だがこの日は



f:id:tsutsumi_223:20160519211943j:image

デキャンタ 白 



から始めた。

ここのデキャンタは並々まで注がれそれをガブガブ飲むスタイル
ましてやイタリアンなので料理との相性も間違いない。


早速一杯目のワインを飲み干し僕は注文をした。



f:id:tsutsumi_223:20160519212123j:image

前菜盛り合わせ


かなりのボリュームである。
全てがワインに合いもうお酒が止まらない。

先に言っておくが白ワインを飲み過ぎて値段を全て忘れてしまった。
申し訳ない。

ただ安いのは確かだ。



f:id:tsutsumi_223:20160519212153j:image


自家製ソーセージ

プリッとした食感の後に異常なほど肉汁が溢れてくる
ただハーブの香りのおかげかしつこくなくかなりうまい。

その肉汁残る口に白ワインを掻き込めば最高のおつまみになる。



f:id:tsutsumi_223:20160519212248j:image


ムール貝の酒蒸し

お酒で蒸してるのだからお酒に合わないわけがない。
ムール貝はもちろんプリプリで美味しいのだがなんと言っても貝のエキスが凝縮されたスープが間違いない。
これにお米を入れてリゾットとして食べたいくらいだ。


この時点でデキャンタ四杯目くらいに突入している。
もうへべれけである。


最後に締めとして


f:id:tsutsumi_223:20160520091237j:image

たけのこのオイルパスタ


で締めさせてもらった。
しっかりとした味わいでこれがまたお酒に合う。


もうどれだけ飲ませんだよと言わんばかりのお味である。


確かこれだけ食べて飲んで8000円くらいだった気がする。
恐るべしコストパフォーマンス。


気になるあの子を連れて行けばカウンター×イタリアン×『もはや店名に裏がついている』×大人気店ということもありモテ度MAXのお店ではないだろうか?


是非行ってみてはいかがだろうか。



きっと素敵な食卓になるはずだ。


『裏HIROYA

f:id:tsutsumi_223:20160522085643j:image



ありがとうございました。


ーーーーーーーー



〒542-0086 
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F 
06-6796-8039

ご予約はつっつんまでお電話かリロインべべ(LiLo in veve)|ホットペッパービューティーからどうぞ。