読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つっつんブログ from LiLoinveve

大阪は心斎橋の美容室『LiLoinveve』で働くつっつんの徒然なる毎日

第三回 一人◯◯のススメ

今月のarはみなさんお読みになったであろうか?

{8F6CD726-DD04-41DB-B419-E3729FD28644:01}



この石原さとみさんが表紙の3月号。
arはヘアの特集も多いし、何より面白い言葉遣いに目をそそられ毎月僕はチェックしているのだ。


が、今月号の特集に気になる文字が。


{55B40419-95E2-4564-AB76-22A8457F8AD3:01}





おぉ!

とうとうarおひとりさまをススメてきている。


いいぞ、自分。
いいぞ、ツツミ。






というわけで第三回 一人◯◯のススメはベタで申し訳ない。

一人飲み歩き

をテーマに進めていきたいと思う。



場所はもちろん、裏なんば


堤御用達の安定の飲み屋街。
比較的価格も安く何よりおひとりさまを推奨している街(堤調べ)と言っても過言ではない。



その理由と言ってはなんだが立ち飲みが流行っているのもポイントだ。


前回の第二回一人◯◯のススメでも伝えたようにカウンターのお店は中々大勢で行くことはない。
多くても二人。結構な率でおひとりさまが多い。


と、言うことは一人飲みに慣れてない方はまずはカウンターのお店をチェックだ。

さらには長居すると疲れるであろう立ち飲みのお店に行けば回転も速く周りの目を気にすることはないだろう。






というわけで1件目のご紹介だ。



魚屋ひでぞう 立ち呑み店



{971AFA3C-2E6D-459C-8AD0-6AF85CC5C98E:01}




提灯が中々幻想的な雰囲気を醸し出す。
ここはお魚屋さんが営む立ち飲み屋さん。

{007A26AE-06C0-4462-BDC1-4282CB578141:01}



この通り新鮮なお刺身が食べられる。
何よりこれで値段が680円くらい。

一人飲み価格である。
ちなみに二切れずつ付いているのでかなり満腹になる。

{856F8F37-E0FF-4CA1-A2EA-CD134499BBD3:01}





店内も賑やかでかなりお客様で混み合っている。
おひとりさまも多く一人飲みデビューとしては中々入りやすい場所ではないだろうか?





さて和食を食べた後は何を食べようか。。

そうだ。イタリアンだ。




というわけで、二件目はひでぞうから歩くこと5分。



スタンド あじと



{8CBA3F84-480C-4D60-929D-D833A173E186:01}




中々おしゃれな佇まい。
古くから裏なんばで人気の ダイニングあじと立ち飲みだ。


立ち飲みスタンドと表記しているのも憎い。




異性を誘う時にも


「立ち飲み行こうよ!」
よりも
スタンドろうよ
という方がおしゃれだと思う。


実際先日友達に言ってみると



は?

と返ってきたので使うときは注意しよう。



冗談はさておきここのスタンドあじと
名前だけではなく内装もオシャレ。何より立ち飲みにしては珍しく分煙されている。

今回は一人飲みのススメだがデートで来てもお酒が好きな方々には好まれるかもしれない。


{BDB0FA87-D2AC-4A5A-B1B1-39AF6FC5B505:01}




ちなみにこれが前菜盛り盛りだ。
こちらは1日限定10食ぐらいだったかな?
早めの時間には完売してしまう人気メニュー。

残っていれば是非たのんでほしいところだ。

ちなみにヴーヴークリコがグラスで700円くらいで飲めるので泡好きにもたまらない。



{6347C6BD-50CC-4517-9735-3A2ED330A0FC:01}




ちなみに一人カウンターで自撮はやめといたほうがいい。
距離も近いのですぐにまわりがざわつく






さて、お次はここから歩いて1分ほどのところにある人気店







{42574B0B-7D08-458F-AF33-ADF8C4EA7F8C:01}





いかにも立ち飲み感があるこちらのお店。
侮るべからず。

中に入れば若い方々もたくさんいるし店員さんも比較的若めだ。

今の季節はビニールシートで覆われて余計入りにくいだろうが勇気を出して踏み込めばそこはもう久々に帰省した実家のように貴方を迎えてくれるだろう。(言い過ぎている)


{CBCA995A-39CD-42F1-8812-41523C311A9E:01}




結構三軒目ともなるとお腹も膨らむしコッテリは控えたい。
そんな方には肉豆腐なるものはいかがだろうか?

あっさりしつつもダシが効いた味わい深さとあったかい豆腐、たっぷりのネギが満腹だったお腹に横入りしてくる。

ここは値段も安く内容によっては一人用のハーフサイズもあったりする。
そこは自分のお腹と相談して決めてほしい。





さて、お腹もいっぱいになっただろう。
ここまでくるとお酒も結構飲んでしまい酔っ払った方も多いと思う。


もうお酒はいらないかな?


そんな声も聞こえてくる。
そこで僕のオススメはこちらだ。



LiLo COFFEE ROASTERS



{AA5178F2-7782-4A7F-8BAF-4D05326A48A2:01}





ここは裏なんばから少し遠い西心斎橋にあるコーヒー屋さん。
立ち飲みも出来るが椅子も置いてあり最高だ。
立ち飲みに疲れた足を癒してくれる。


噂によるとコーヒー好きな美容室のオーナーさんがよりたくさんの人に本格的なコーヒーを味わっていただきたく去年の8/8にopenしたそうだ。


自家焙煎にこだわり気分によってフレッシュなコーヒーを味わうことができる。
抽出方法もドリップエアロプレスなど色々なスタイルで楽しめる。




{01E41BE5-EA5E-4AFD-86D1-14F6F9C8FD22:01}




こちらがバリスタのKEITAさん。
男前面白い

「今日の一人飲みでは出会いもなく喋れなかった〜」

と嘆くあなたもきっとKEITAさんの面白トークで心が晴れるだろう。




{33C183CA-F665-43AB-A78F-70B374F8E864:01}




このように男前面白いKEITAさんが淹れてくれるコーヒーは飲んだ後の〆には最高である。

{975202C0-361F-4CE0-A7C3-01BA1890C6BC:01}



美味しいクッキーなんかも自家製で作っている。
飲んだ後に甘いものが欲しくなるであろう。
こちらも是非味わってほしいところだ。








さぁ、どうだろう?


第三回 一人◯◯のススメ」はベタに一人飲み推奨してみた。


今回ご紹介させて頂いたお店はどれも裏なんばの人気店で一人飲みデビューはもちろん裏なんばデビューを決めるのにもオススメだ


そしてなにより最後に紹介したLiLo COFFEE ROASTERSは是非行ってみていただきたい。



やはり人生、何事もチャレンジしてみないとわからないことだらけだ。
是非、一歩踏み出す勇気を持ってほしい。







ちなみに僕も最初は一人飲みなんて出来ないくらいビビリだった。
一人で行っても寂しいしつまらないし周りの目が恥ずかしい。

しかし一歩踏み出してからというもの一人飲みの奥深さに惹かれ飲まれていった。

今ではお前のことなんて誰も見てないよ、調子のんなと天の声まで聞こえてくるようになったし一人で自撮りなんかしてしまうくらいメンタルが強くなった。





そんな僕の今の願いは友達と一緒に飲みに行くことだ。




{44D9BCE9-C830-406E-B478-7E1AA7442127:01}





皆様のおかげで楽しい毎日です。
ありがとうございました。