読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つっつんブログ from LiLoinveve

大阪は心斎橋の美容室『LiLoinveve』で働くつっつんの徒然なる毎日

第一回 一人◯◯のススメ

一人◯◯のススメ

約10日間もブログの更新があいてしまった。


危うく若者のブログによく見られる




2014.5.10   楽しいGW ϵ( 'Θ' )϶

2014.8.28   最高の夏休み!☆

2014.12.31 久々の更新&今年もありがとう




みたいな感じのブログになりかけ大変遺憾に思う。
この場を持ってお詫び申し上げたい。


さて昨今、巷では「一人」というキーワードがよく目につく。
一人旅、一人飲み、一人カラオケなどなど。
それの専門店や専門プランまで出来ているようだ。



{E8776FC0-E20A-49D1-9DBA-B6B353CB4332:01}





ニュースやコラムでもよく目にした。


今までは「一人」=寂しい という流れや風潮があったのだが世間はおひとりさまに対して優しくなってきているようだ。



しかし!!

まだまだ一人で◯◯するなんて恥ずかしい〜( *`ω´)


なんて思う人が多いのではないか?


そこで今回は僕が「一人◯◯のススメ」を紹介したい。


ここで一人の楽しみ方や心構え、チャレンジの仕方などを学んでいただければ幸いだ。


なんせ僕は仕事柄(仕事のせいにしているだけ)一人で動くことが多い。
回数を重ねることでその楽しさもだんだん見出せてきたし恥ずかしさも消えてきた。
そしてなによりたくさん紹介したいお店がある。


これを見て堤にもできるなら私にだって出来るわと自信を持っていただきやってみたかった「一人◯◯」にチャレンジするきっかけになれば嬉しい。




そんなわけでやはり第一回はインパクトが欲しい。
一人で中々チャレンジしにくい場所…


答えは意外と早くでた。


{DC3FFD5E-60B7-45AF-AE2A-0B08966DF773:01}





そう、焼肉だ。


まず焼肉について再度考えてみてほしい。


焼肉は文字の通り肉を焼くことである。

つまり友人、恋人、家族などと楽しくワイワイ食べるイメージがあるだろうが関係ない。

注〕焼肉パーティーと称して一人焼肉だとただの痛い人になる。日本語は難しい。


しかも焼肉に行ってたまに感じることを考えてみよう。

1.焼くペース

2.気を使う

3.話に集中して、肉を焦がす


大体こんなところだろうか?

人にはそれぞれ食べるペースや焼く順番があるのだが、それを団体で食べるとなるとやはり思い通りにはいかない。
さらに誰がこの一切れを食べるか?という譲り合い精神も生まれるし、盛り上がると肉が焦げる。


しかし一人だとこういったことは起きない。

つまり焼肉を味わい楽しむのであれば一人焼肉というのは最高のおひとりさまプランなのではないか?



そんなことを考えた僕は店選びに取り掛かる。
一人で焼肉を食べられ、集中出来…あっ、ここしかない。




こいろり @裏なんば



{4C95466E-1447-4FA4-88B9-030E98865F4F:01}





ここに決めた。


ここは昔からある裏なんばの焼肉屋さん。
なんと24時間営業で朝焼肉という素晴らしいこともできる場所。

コスパも素晴らしく何度か僕もお邪魔させていただいているが味も美味しい。




店内はカウンターが約8席ほど。
さらにテーブルが2つに奥には座敷がある。


まずここを選んだ理由の1番がここだ。

カウンターは基本的に多くても2人がベター。
3人になると1人がはみ出てしまい会話に入れないし、4人以上になると肉が取りにくい。

そのため3人以上はテーブルや座敷に通される。


つまりカウンターのある焼肉屋は「おひとりさま」を推奨しているのではないだろうか。




更に初心者に、大切なのは日程だ。

やはり回りにグループの人が多かったり、さらにはラブラブなカップルがいると集中出来ないし心をやられる。



そのため僕が選んだこの日は



{F2B607E1-E899-4CF7-8773-7EFDD7510B2C:01}




バレンタインデーだ。


なぜそうなる?そう思う方も多いだろう。


やはりバレンタインデーディナーのイメージはイタリアンフレンチ、もしくは女の子の手料理など焼肉屋のイメージはあまりない。

更にはバレンタインデーということで日本のイチャイチャ感にイラつきを覚える人はきっとうちごはんですますのではないだろうか?


何が言いたいのかというとバレンタインなら周りを気にせず一人で楽しめるのではないか…と。


逆転の発想である。



結果的に言うと


一人焼肉を推奨している店(堤調べ)×バレンタインデー=一人で焼肉を楽しめる日


という方程式が出来上がった。

これをあとは実践するのみだ。
僕はこいろりまで向かった。










{AEBC1742-E3C8-45A0-A8D2-1F43725DD47D:01}





あろうことか僕はカップルの間に挟まれてしまった


これは計算外だ。
そのパターンはイメージしてなかった。


世間はバレンタインだろうが関係ないみたいだ。
ただの僕のひとりよがりになってしまった。


とはいえ負けてられない。
とりあえず自撮りをして楽しそうな雰囲気を出さないと見てくれる人に伝わらない。


{DE0B4B38-24ED-45EC-884B-62A434E1A524:01}





パシャっ!

という音と同時ぐらいに店内に一瞬の間が出来る。
なぜこのタイミングで周りの会話が途切れるのかわからなかったが隣のカップルと目が合い会釈された。



一人焼肉の時の自撮りはやめたほうがよさそうだ。



{87FBC61C-BC98-49B7-A0A0-5E52D179ADCC:01}



そんなことを勉強しながらも焼肉屋に来たのであとは焼いて食べる。

ここで初めての1人焼肉での問題点が浮かび上がった。




一人焼肉は忙しい。



肉を焼く→焼ける→乗せる→食べる→もう焼けてる というスパイラルになり僕のお箸は止まることなくあっという間に僕の1人焼肉デビューは終わった。




生ビールセット
(バラ、ホルモンなど+野菜、キムチ)
1200円

生ビール追加
450円
約1650円(値段は大体です。申し訳ない)



お会計は驚くほど安かった。
裏なんばプライスだ。



やはり人生は方程式通りにはいかないことだらけだ。
でも一人焼肉も悪くないと思う。
肉に集中できるし達成感はとてもあった。



今回の体験からまとめると


バレンタインの1人焼肉は楽しむものではなくメンタルトレーニング

だと感じることができた。


これをどう捉えるかは自分次第だがまた一歩成長出来たので楽しかった。


皆様にも是非一人焼肉と言う名のトレーニングにチャレンジしてほしい。








以上で今回の第一回の1人◯◯シリーズ、「一人焼肉のススメ」は終わりだ。


また1人◯◯シリーズで書かせていただきたいと思う。

今回はインパクトを残すためヘビーな場所だがもっとライトな場所も紹介していきたい。



そしてたくさんの「おひとりさま」を楽しめる人が増えるまで…



おひとりさまが増えれば僕が1人でいても違和感がなくなる。



さようなら。






  1. 〒542-0075 
    大阪府大阪市中央区難波千日前2−22
  2. 06-6647-7371