読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つっつんブログ from LiLoinveve

大阪は心斎橋の美容室『LiLoinveve』で働くつっつんの徒然なる毎日

カンボジア旅行記 part3

無事マムさんとは別れ歩いて帰ると、


サンポー!

ここでサンポの説明を…
サンポはいくさんが昔カンボジアにいった時にガイドをしてくれた人らしく今回紹介してもらいました。
日本語も話せるしガイドも6年やってるそうでめっちゃええやつです。←最後のはインスピレーション


てなわけで写真ね!




photo:01

いやいや、目をつぶってるからもう一回。

photo:02

カメラ 苦手かい!


とはいえお会いできてかったー!



ということで飲みに行こう!と。

いいねぇー
何事も最初は乾杯からコミュニケーションをとっていかないとね!

早速ゲストハウスのロビーに行きお酒を頼もうとしたら



バイクの後ろ乗ってください!


あれ?
飲みに行くって言うてなかった?サンポ?


まぁその2時間後にはこうですよね。

photo:03

めっちゃ飲んでるww

なんやかんやで二人でビールを8本くらいあけてもうてるやん。

またやん。
このパターン。

てかこの時は目開けれるんかい!

でもここ、こんだけ飲んで二人で

10ドル


サンポー!
めっちゃやるやん!

なにやら聞くとサンポが連れてってくれたのはカンボジアのキャバクラ。

もう一回言います。

カンボジアキャバクラでした。


システムは普通に僕らみたいに飲んでもいいしウェイトレス(みんな僕より ゴツくて怖い)を席につかせて飲ませれるんだって。

席に着いた時点でチャージがかかるみたいださなんだけど特にみんながグイグイくるわけでもなく普通の居酒屋です。

と思ったら…


カンパーイ!


やっぱのみにくるよねー

photo:04

いや、お前誰やねん。

男やん。


なんか後ろに座ってる陽気な男性がこっちの席に来ただけでした。
でもこいつに飲まされる、飲まされる。

乾杯したら一気飲みだよ!

と言いながら飲まされまくりました。


あっー

日本で鍛えられてよかったー


まぁカンボジアの人はお酒めっちゃ強いみたいなので飲み比べはしないでおきましょう。



まぁそんな感じでワイワイガヤガヤとサンポとおじさんと僕の見事に男臭い夜は終わりました。

何回か女の子が来たのだけど日本人と分かると言葉わからないのでパス

とここに来てフラれるというね。


なんでや!



と。まぁちょっと酔っ払ってもうたけど無事ホテルにも帰れたしあしたはアンコールワットでごわす。

ワクワクを胸に寝ましたとさ。

photo:05



ps.最後のおっちゃんも目をつむってるやないかいっ!



















iPhoneからの投稿