つっつんブログ from LiLoinveve

大阪は心斎橋の美容室『LiLoinveve』で働くつっつんの徒然なる毎日

つっつんオススメ!!大切な人に贈りたい【イケてるプレゼント】を紹介してみた。3選。

 

近年、日本の経済を回すため様々なイベントに乗っかり多くの企業は新しい企画を考え様々な事象に対する需要喚起を呼びかけている。

 

 

例えば【ハロウィン】。

 

 

関西はユニバーサルスタジオジャパンのハロウィンナイトなるものがこのブームの火付け役なのではないかと思っている。

 

近年、10月末になるとお店にはハロウィングッズが所狭しと立ち並び、ユニバを飛び出したゾンビが街を闊歩する。

 

特にハロウィン当日(10月31日)なんかには逆に普通の格好をしている方が浮く位である。

 

 

それまではハロウィンに興味がなかった人々もこういった人たちを見て

 

あ、自分もコスプレしたい。

 

と思わせそして企業の戦略へといつの間にか引き込まれてしまっている。

 

 

年々ハロウィンの盛り上がりは右肩上がりで数年後『つっつんになりたい系男子』が【つっつんのコスプレ】をする日もそう、遠くないのではないかと思っている次第だ。

 

 

そしてまた、先月の【バレンタイン】。

 

 

かつて女性から男性へと愛の気持ちを伝える手段としてお菓子を贈るイベントだったはずのバレンタイン。

 

僕も若かりし頃はランドセルがパンパンになるほどのチョコレートをもらい『ホワイトデーが大変だぜ』と呟く男子になりたかった系男子だった。

 

あの日女の子に声をかけられるドキドキは今もまだ忘れられない。

 

しかし今では企業が新たな商法として【友チョコ】なる友人に送るチョコレートなんかはもちろん【自分チョコ】なる自分に送るチョコレートなんかを提案しだした。

 

甘いもの好きな女性これに群がりバレンタイン時期のデパート特設広場は常に戦場と化している。

 

バレンタインの経済効果は年々上昇しているが僕のもらえるチョコレートの数が増えていないところをみると非常に納得出来ないところばかりである。

 

あのドキドキを返して欲しい。

 

僕はチョコレートの売り上げが上がれば上がるほどそう呟くのである。

 

 

 

さて、そんな様々な経営戦略がはびこるこの時代を見て僕がただ指を咥えて眺めていると思いますか?

 

 

美容師界の森岡毅とも言われる僕は考えました。

 

 

もうすでに様々な企業が手をつけている分野だとレッドオーシャン

なかなか手を出しにくく経営戦略として被ってしまってもいけすかない。

 

 

じゃあ昔からあり馴染み深いがあまり盛り上がってないイベントはないかと探したところ

 

 

【ホワイトデー】

 

 

なるものが閃きました。

 

 

 

 

 

さてみなさん。

 

そんなわけで今宵は男性読者も多い僕のブログにて

 

ホワイトデーに絶対喜ばれるプレゼント

 

を僕なりに考えてみました。

 

 

 

ぜひご参考に。

 

 

 f:id:tsutsumi_223:20170322175146j:image

 

 

と言いたいところですが、はい。

 

 

お気付きの通りホワイトデーは過ぎてしまったので誕生日や記念日、そして何気無い毎日へのサプライズプレゼントとしてでもご参考にしていただければ幸いです。

 

 

どうぞご覧あれ。

 

 

なかなか筆が進まなかったステマブログへようこそ。 

 

ーーーーーーーーーーー

 

どうも。

 

痒いところに手が届き過ぎるつっつんです。

 

 

 

さて今回、リスナー(読者)の方から一通のお手紙を頂戴いたしました。

 

 

いつも楽しくブログを拝見させていただいております。

先日バレンタインがありました。

 

その際、数名の女性から嬉しいことにチョコレートをいただきました。

 

それもこれも全てはつっつん様のおかげだと考える所存でございます。

ただこの3月になりはホワイトデーが近づくにつれて名も無きプレッシャーが襲ってきております。

 

いったい何を渡せば女性は喜ぶのでしょうか?

 

教えてください。よろしくお願いします。

 

 

なるほど。

 

確かにホワイトデーのお返しというのは頭を悩ます。

 

 

どれくらいの予算か。

そして何をあげればいいのか。

更にはその後へと綺麗に発展していくには…

 

 

色々なことを考えなければならない。

 

 

 

ただ闇雲に

 

とりあえずGODIVAでも買っとけ】 

 

なんてのはナンセンスでありこれからの時代を生き抜くためにはホワイトデーのお返しなるものでもある程度緻密な計算と作戦が必要となってくるのである。

 

 

そこで人間界の孫の手とも言われる私つっつんがホワイトデー、そしてそれ以外のイベント毎でも女性に送るべきプレゼントととして間違い無いであろう品をいくつかご紹介したい。

 

 

耳の穴をかっぽじってよく聞いてくれ。

 

 

まず念頭において欲しいことが3点ある。

 

これを意識しておくことでプレゼントが非常に効果的でありそして個性を出し評価をグングン上げることができるのである。

 

 

その三戒が

 

・自分ではあまり買わないもの。

・ライフスタイルに介入する。

 ・気持ちのいいもの。

 

だと考える。

 

自分ではあまり買わないもので【かゆいところに手が届く男子】を演じることが出来、ライフスタイルに介入していくことで何気ない日常の中に【自分の存在】をチラつかせ意識させることが目的である。

 

そしてその意識させた先に気持ち良さを与えることで【あの人私と相性がいいのかも(色々な意味で)】と思わせることが出来ることは容易に想像できるだろう。

 

 

さて、その三戒を守り女子に喜ばれるプレゼントを紹介しよう。

 

 

1.バーデンスのシャンプートリートメント。

 

f:id:tsutsumi_223:20170322175718j:image

 

(お値段 シャンプー2160円〜 トリートメント1944円〜)

 

おい、いきなりステマじゃねえか

 

という言葉が聞こえてこなくもないが僕は胸を張ってオススメしたい。

 

まず基本的に人間の日常生活の中で必ず行うものがいくつかある。

食事をしたり睡眠をしたり…

 

そして【髪を洗う】ということは間違いなく誰しもがやっていることではないだろうか。

 

そう、それこそまさに【ライフスタイルに介入する】ということなのである。

 

つまり毎日のお風呂の時間、多くの女性は湯船に浸かりながら物想いにふけるだろう。

様々なことを思い出しながら時に喜び時に涙する。

 

 

そしておもむろに髪を洗い出す瞬間、

 

 

君を思い出すわけだ。

 

 

 

『あ、このシャンプーは◯◯君がくれたんだ。』

 

そう思わせてしまえばあの娘の気持ちはもうほぼ手中にえるといっても過言ではない。

 

ちなみに注意して欲しいがあくまで

 

バーデンスのシャンプー、トリートメント

 

というところにこだわって欲しい。

 

バーデンスの成分はものすごく素晴らしく去年の10月末から扱い出したLiLoinveveでも多くのお客様から支持を受けている。

 

要は間違いなく彼女は気に入ってくれそして【気持ちいい】と感じるのである。

 

 

サラッとした洗い上がり、それなのになんとも言えない柔らかさ。

 

これぞまさに理想的なシャンプーなのである。

 

それを渡すことでより彼女も綺麗になりそして『あのシャンプーすごくいいんだけど!』と連絡がくれば『じゃあ今度一緒に買いに行こう。』とデートの予定も立てられる。

 

これぞ策士のなせるプレゼントなのである。

 

 

 

2.ACCA KAPPA ヘアブラシ

 

f:id:tsutsumi_223:20170322180049j:image

 

(お値段 4968円)

 

ヘアブラシ?と男性諸君はなるかもしれないが女性にとってヘアブラシは大事なものである。

 

お風呂前に使えば汚れが落ちやすくお風呂後にに使えばサラサラな髪の毛へと大変身。

なんなら持ち歩き静電気なので髪の毛が広がった時に綺麗に納めてくれる代物である。

 

これもまた【ライフスタイルに介入】しているのである。

 

お風呂の前後に君を思い出すことはもちろん、持ち歩いてくれれば【いつも一緒】とストーカー的発想までもなせる完璧な作戦。

 

もちろんどこのブラシでもいい!というわけではない。

 

このACCA KAPPAのブラシが間違いないだろう。

 

イタリア生まれというのもオシャレなこのブラシ。

あのローラさんもInstagramにあげていた。

 

猪の毛で出来たブラシは使えば使うほど髪の油分がブラシに移りとくだけで綺麗な髪を作り上げてくれる。

 

長年使っていただける最高のヘアブラシである。

 

最高のヘアブラシなるものは中々自分で買う人も少ないかと思うので【かゆいところに手が届く】最高の男子になれる逸品。

 

きっと君とのデートの時にも常に彼女のカバンに入っているであろう。

 

 

3.S.HEART.S シャンプーブラシ

 

f:id:tsutsumi_223:20170322180041j:image

 

(お値段 5960円)

 

最後ももちろんステマ

 

LiLoinveveにご来店いただき シャンプーさせていただいた方なら体験したことがあるだろうこのブラシ。

 

ナイロン製のピンが適度に頭皮を刺激してくれつつ髪の絡まりを取ってくれる。

 

 

一言で言えばそう、

 

 

めっちゃ気持ちええねん

 

 

である。

 

 

様々なシャンプーブラシを使ってみたがこれほど素晴らしいものに出会ったことはない。

パリの有名セレクトショップ、【コレット】にも並んでいるそうだ。

 

もうここは別にLiLoinveveで買ったと言わなくてもいい。

 

君のためにパリから取り寄せたよと言ってもバチは当たらないだろう。

 

もちろんこれも上記の三戒に全て当てはまる商品なのである。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

 

さて、いかがだっただろうか。

 

今回の私のプレゼン。

 

 

高級なものをプレゼントするのももちろんアリだろう。

しかし君が他者との差を付けるのであればこのようなプレゼントをありなのではないだろうか?

 

もちろん様々な意見やご感想があるだろう。

いつもの通り【異論は受け付けない】のでご了承願う。

 

 

最後になるがホワイトデーまでになんとか書き上げたかったこちらのブログ。遅くなって申し訳ない。

 

大切な人へ贈る何気ない日常のプレゼントやいつもお世話になってる方々への贈り物としても活躍するであろうこれらの商品。

 

 

気になった方はぜひLiLoinveveまでどうぞ。

 

今回も長文でしたがご覧いただきありがとうございました。

 

是非ご参考に。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


大阪,心斎橋,美容室,ヘア,ライフ,スタイル,サロン,LiLo in veve,リロインベベ


〒542-0086
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F
06-6796-8039

 

ご予約はつっつんまで、お電話かリロインべべ(LiLo in veve)|ホットペッパービューティーからどうぞ。

 

Twitterつっつん @LiLo in veve (@tsutsumi_223)さんはTwitterを利用しています
Instagramつっつん (@tsutsumi_223) • Instagram photos and videos
でも随時ご予約、ご相談などお待ちしております。

 

 

まさかこんなところで!?梅田の中心で陶芸体験してきた話@九里房

 

【マンネリズム】

 

文学、芸術、演技の中で型にはまっている状態を示す。

現在日本では『ワンパターン』や『飽きのくる』ような表現で使われる。

  

そう、略して【マンネリ】

 

これはカップルにとって通らなくてはならない道ではないだろうか。

そのマンネリ化を避けられず破綻してしまったカップルの話を僕は何度も聞いたことがある。

 

 

ただその情勢を僕がそのままでいいのか?

 

と問われればサンシャイン池崎並みに

 

 

ノオォォォおおおおおおおお!!!!

 

 

と叫びたいのである。

 

 

 

 

デアイナーつっつん】として数多くの出会いをプロデュースしそして成就させてきた僕。

 

 

今回、そんな成就してきたカップルのマンネリを防ぐため

 

マンネリを防ぐデートプラン

 

をプレゼンさせていただきたい。

 

 

 

これを見れば彼氏、彼女とのデートに煮詰まってきたそこのあなたもきっと刺激的なデートを過ごすことができるだろう。

 

 f:id:tsutsumi_223:20170311100405j:image

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ここは梅田、中崎町

 

 

大阪駅から徒歩五分くらいだろうか。

 

 

エストの中を通ればこの時期は寒くなく比較的温かな気持ちで歩いてくることができる。

とはいえ立ち並ぶショップは女性物が中心となっているのであまり居心地は良くなかった。

 

 

しかしそんな修羅の道を通ってたどり着いたのが

 

 

九里房

 

f:id:tsutsumi_223:20170309105414j:image

 

 

 

なのである。

 

 

ここは梅田でなんと

 

陶芸体験

 

が出来るスポット。

 

 

そう、今回は自宅で使う器を作ろう!というデート企画なのである。

 

 

 

実はこう見えて僕、予定がない日は比較的自炊をするように心掛けている。

 

 

過去にも【料理のできる男はモテる】と聞いてこんなブログを書いたのも記憶に新しいのではないか。

 

 

 

ちなみにこの記事を書いたのは2年前。

 

あれから僕の家には様々な調味料が立ち並んでいる。

 

かつて塩胡椒味覇、さらには醤油のみと限られた中での料理だったのだが今ではブラックペッパー和風だし、さらにはいつ使うのが正解か分からないローリエなど僕の料理の腕前が右肩上がりなのは文章でも確認出来るであろう。

 

(ちなみにローリエクックパッドに載っていたから買ったのだがそれ以降使った試しがないし変化がよくわからなかった。)

 

 

 

 

しかし!!

 

 

 

ここでイケてる男子は【#今日のうちごはん】としてインスタグラムに美味しいそうな料理を投稿するのだろうが僕はしてない。

 

 

 

なぜか?

 

 

 f:id:tsutsumi_223:20170309110813j:image

 

 

すこぶる不味そうだからである。

 

 

いくら【中身が大事】とはいえこんなご飯を投稿してしまったら僕のフォロワーは確実に減少傾向を辿り不適切な投稿として通報されなぜか僕の食事にはモザイクが付くという道を歩むであろう。

 

 

 

 

ここで僕は気づいたのである。

 

 

『あ、これお皿が悪いんじゃね?』

 

 

と。

 

 

 

そんなわけで僕は自分のテリトリー大阪はミナミを移動しアウェイの梅田へと潜り込みおうちご飯を成功するため陶芸体験へと向かったのである。

 

 

 

今回は彼女様も同行。

 

常日頃からハニカミデートプランを考える僕だが流石に3年も付き合えばネタも切れてくる。

 

 

そんな中で突如として現れた【陶芸】はそんなマンネリを解消してくれるのではないだろうか。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170309141406j:image

 

 

工房はこんな感じ。

かつて大阪ポケモンセンター、今はアニメイトがある梅田センタービルの中にあるので分かりやすい。

 

オープンしたのは2〜3年前くらいらしくかなり綺麗である。

 

 

 

 

 

この日はこのじゃらんのサイトから予約した。

 

 

システムは

 

手びねり(手でこねこねするタイプ)が2700円。

電動ろくろ(よく見るやつ)が3200円。

 

手びねりは3個ほど作れてろくろだと2個作れるそうだ。

 

 

 

どちらにしようか悩んだのだがとりあえず陶芸と言えばろくろのイメージがあったので今回は電動ろくろの方で体験させてもらった。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170309141907j:image

 

 

このように始める前におじさん(栗田さん)が優しく教えてくれる。

栗田さんは脱サラしてここの工房を始めたそう。

 

陶芸の先生って厳しそうなイメージがあったが栗田さんは優しさとクールさを兼ね備えたおじさんだった。

 

 

説明を終えると早速ろくろを回し出す。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170309142901j:image

 

 

これがまた気持ちいい。

 

冷たい粘土の中に指がゆっーくりと沈んでいく様はまるでターミネーター2のラストのシーンを彷彿とさせるだろう。

 

I'll be backである。

 

 

とりあえずこのブログの読者の皆様の僕が陶芸をしている姿を見たいという声にお応えして

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170309143032j:image

 

どうぞ。

 

 

服装が釣りのおっちゃんみたいになってるのが僕である。

 

 

もちろん初心者の僕なんかが一発でうまく出来るわけなく

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170309143211j:image

 

 

ヤバくなると栗田さんが助けてくれた。

 

 

今回はお茶碗小鉢

 

 

今考えて見ると僕の得意料理のオムライスは盛ることは出来ないがそこはご愛嬌。

 

 

栗田さんは

 

小鉢とか作っておけばほうれん草のお浸しとか白和えとか盛ると食卓が華やかになるよね

 

と言っていたけど

 

 

一人暮らし、一口コンロの僕はそんなもん作ったことはありません。 

 

 

とはいえ将来のために作っておいた僕と彼女様。

 

 

 

このお皿使っておうちでご飯作ってあげるね。

 

と言うと鮮やかに無視されました。

 

 

 

そんなこんなの二時間でようやく完成したのが

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170309144300j:image

 

 

こちら。

 

 

もはやプロの仕上がりです。

 

自分の中でも陶芸に対する熱い思いがこみ上げてきました。

 

 

このまま栗田さんに

 

『ほんと初めてにしてはありえないくらい上手いですよ。なんなら僕よりも上手いかもしれません。もしよかったらうちの工房でも働いてみないですか?』

 

と言われるんじゃないかと期待してましたが特に何も言われませんでした。

 

 

 

とはいえ大満足の出来だった僕等はそこから仕上がりの色を

 

f:id:tsutsumi_223:20170309145529j:image

 

この中から選ぶのである。

 

たくさんの種類があるのであらかじめイメージは決めておくことをオススメしたい。

 

僕は20分ほど悩んでしまった。

 

 

 

残りの行程(焼きあげや色ぬり)は栗田さんがやってくれるそうで今回はここで終了となる。

 

 

 f:id:tsutsumi_223:20170309151708j:image

仲良く記念撮影

 

 

仕上がりは2〜3ヶ月後らしく

 

ぜひお二人で取りに来てくださいね

 

とプレッシャーをかけてきた栗田さん。

 

 

ははは、大丈夫ですよ。

 

と笑顔で返す僕。

 

 

 

僕等は陶器みたいに簡単に割れないですから

 

と言ったら滑りそうなんでやめておきました。

 

 

 

 

今回、梅田という好立地で陶芸が体験できるとは思わなかった。

 

梅田で買い物やランチをフラッとするついでにこのような陶芸体験なんていかがだろうか?

 

もちろん陶芸家の方が作られている作品も素敵だと思うがこのように自分で作るのもまた趣があって良いのかもしれない。

 

 

大切な彼氏や彼女、さらには気になるあの子、仲の良い友達同士で行けばその日は一日素晴らしい笑顔輝く日になるだろう。

 

この器を使って囲む食卓を楽しみに僕はこのブログを書き上げた。

 

 

気になった方はぜひこちらからご予約を。

 

 

 

 

もちろんフォトジェニック向きのスポットでもある。

インスタ映えはこの上ない。

 

 

僕の彼女様も当たり前のようにアップしていたのだが

 

f:id:tsutsumi_223:20170309151617p:image

 

僕は切り取られました。

 

 

 

3ヶ月後に取り行くのが少し不安になった陶芸体験であった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


大阪,心斎橋,美容室,ヘア,ライフ,スタイル,サロン,LiLo in veve,リロインベベ


〒542-0086
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F
06-6796-8039

 

ご予約はつっつんまで、お電話かリロインべべ(LiLo in veve)|ホットペッパービューティーからどうぞ。

 

Twitterつっつん @LiLo in veve (@tsutsumi_223)さんはTwitterを利用しています
Instagramつっつん (@tsutsumi_223) • Instagram photos and videos


でも随時ご予約、ご相談などお待ちしております。

 

 

〈速報〉本日2月23日は実は…。

 

今回はすぐに読めるブログを。

 

【短くても楽しい】

 

そんなブログを書けるように日々精進していきます。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170223114407j:image

 

 

是非プレゼント、お待ちしております。

 

 ーーーーーーーーーーーーー

 

 

ども。

 

 

先日酔っ払ってこけてしまいおでこを怪我したつっつんです。

 

f:id:tsutsumi_223:20170223113111j:image

 

朝起きたらおでこから血が出てて何事かと思ったのだが探しても探しても見つからない記憶

お酒の飲み方には注意したいなと思う次第でございます。

 

 

とはいえ僕の理論からいけばこれはまたモテるチャンスなんですよね。

 

 

 

これ男性なら分かると思うんですけど

 

顔に傷のある男はカッコいい

 

わけですよ。

 

 

 

例えば考えてみてください。

 

 

るろうに剣心の主人公、剣心

 

ワンピースの主人公、ルフィ

 

そしてその師匠、シャンクス

 

刃牙花山薫に、なんならカイジだってみんな顔に傷があるんですよ。

 

 

 

あ、これは神様が与えてくれた勲章だな。

 

 

 

そう思う僕なのです。

 

 

 

とはいえそんな深い傷ではないのであっという間に治ってしまいこのカッコいい感じをもっとみんなに知ってもらいたくて僕は

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170223112048j:image

 

 

Twitterにあげました。

 

 

あ、これで全世界に僕の勲章が発信されなんならかの有名なジャスティン君(ビーバーの方ね)にファボられ【ピコ太郎】ならぬ【つっつん】がトレンドになってしまうんじゃないか?なんてことまで危惧してました。

 

 

 

更に理論的にいうと

 

 

弱ってる男に女は弱い。

 

 

との方程式から女性陣からの僕の体調を心配する声がTwitterで響き渡るのではないか?

 

 

 

罪な男、つっつんがなせる結論に陥りました。

 

 

 

 

 

ま、しかし人生とは甘くないもので

 

 f:id:tsutsumi_223:20170223112108j:image

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170223112112j:image

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170223112141j:image

 

 

 f:id:tsutsumi_223:20170223112148j:image

 

 

 

髪の毛の方を心配されてました。

 

 

完全にベクトルが違う方向に動いてる瞬間を肌で感じた僕なのでした。

 

 

もちろん僕は

 

 

『だまれ。ぼけ。』

 

 

そう一言、全員に返信したのでした。

 

 

 

 

心配される部分が若干癪に触った僕でしたが

 

 

やっぱり愛されてるなぁ。 

 

 

そう思う今日この頃なのでした。

 

  

 

 

 

さて、本日は2月23日。

 

 

 

みなさんお気づきかと思うのですが

 

 

 

そう、

 

 

つつみの日(223の日)なんですよね。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170223113403j:image

 

 

そんなわけで特典があるわけではないですが本日も皆様のご来店お待ちしております。

 

 

 

今日は簡素に。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

PS.ちなみに誕生日に彼女様から頂きましたメガネを酔いすぎて紛失する。という古畑任三郎でも読解不能な事件が発生しましたのでもし見かけた際はご一報を。

 

まさに罪な男でございます。

 

 

よろしくお願い致します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 



〒542-0086
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F
06-6796-8039

 

ご予約はつっつんまで、お電話かからどうぞ。

 

Twitterつっつん @LiLo in veve (@tsutsumi_223)さんはTwitterを利用しています
Instagramつっつん (@tsutsumi_223) • Instagram photos and videos


でも随時ご予約、ご相談などお待ちしております。

 

2017年LiLoinveve社員旅行…フィリピンで【暇な女子大生】に対抗して【Tinder】を使ってみた。

 

 注)過去最高にお下劣です。ご理解のない方その要素が苦手な方はご遠慮ください。

 

 

 

 

現在Twitterではとあるアカウントが人気のようである。

 

 

それが彼女。

 

 

暇な女子大生。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170216181337j:image

 

  

 

彼女は先日も公開したブログ(話題の【Tinder】で未来の彼女を探してみた話。part1 - つっつんブログ from LiLoinveve)でも紹介したTinderという出会い系アプリを使ってエリート男性と出会いそして情事へとことはこんでいる。

 

暇な女子大生 (@bored_jd) on Twitter

 ↑詳しくはこちらから。中々ハードな内容のため閲覧注意である。

 

 フォロワーがなんと七万人。

化け物である。

 

過去ログを漁ってもたくさんの出会い〜情事を斬新な切り口、発想で切り込んでコメントしている。

 

そして自分の信念である高学歴男性に抱かれるを貫き様々な男性に貫かれている

 

 

 

彼女の決断力、そして行動力は凄まじいものを持っており是非とも僕の男性のお客様にも【モテるTinderの指南書】なるものを書いていただきたいくらいである。

 

 

 

この方のツイートを見ると

 

嗚呼、こいつやばい。

 

と唸らされることばかりなのだが何より僕が懸念するのが

 

 

肉食系女子

 

 

 

の到来である。

 

 

かのペリーが日本へと来航した際へと、いわば【黒船到来】かのような衝撃を僕は受けた。

 

 

 

昨今男性は【草食系男子】と揶揄され自分の保身、平たく言えば【意気地なし】と罵られることも少なくない。

 

 

そしてそれに相反するように出てきてた今回の【肉食系女子】。

 

 

巷では実際肉食系女子なんているのか?と噂されているのだが彼女の存在がより公になればなるほど

 

 

あ、そんな子もいるならあっちから仕掛けてくれるはずだし待っておこう

 

 

なんていう男が増えることは容易に想像できるのである。

 

 

 

そんな状況を見て身も心もイケメン製造機と名高いつっつんが黙って指をくわえているのかと言えば

 

『NO』

 

なのである。

 

 

 

今回はそんな【草食系男子】の増加を辿る日本に僕はメスを入れたいと思う。

 

 

かの武田信玄も言っていたが

 

攻めこそ最大の防御

 

でありその精神を受け継いだ男性の実話である。

 

 

 f:id:tsutsumi_223:20170216173155j:image

 

 

チャンネルはそのまま。

今回中々のゲスい内容になるので僕の親族にはここで読むのをやめていただきたい。

 

勃ち上がれ日本男児よ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

気温は30度を超えるフィリピン。

 

そんな地に降り立った男性が一人。

 

 

 

それが彼

 

f:id:tsutsumi_223:20170216142859j:image 

 

イサミチくん(25歳)

 

である。

 

 

 

毎月定期的に来てくれる彼はいわば天然記念物級の

 

肉食系男子

 

である。

 

 

 

最近は来店していただくたびに僕が

 

『このごろどう?』

 

と聞けば必ずと言っていいほどゲスい話を持ってくるいわば肉食系男子のエリート

 

 

人間の…いや動物界の摂理に伴い理性のままに生きている彼を見ていると

 

 

『こいつはこいつでやり過ぎ。』

 

 

と前言を撤回したくなるほどハチャメチャな男子である。

 

  

 

そんな彼がフィリピンに来て何をしたいと問えば

 

『フィリピン人と寝たい』

 

と声を大にして言うのであった。

 

 

 

よく『どうせこれもまたブログにするんやろ』とか言われる僕に対してそのような発言をしてくるイサミチ。

 

更に言えば

 

『てかその様子は絶対書いてくださいよ!ブログに!』

 

とまで言ってくる彼を見ているとそのうち変な自己ブランディングとしてセミナーでも開催するんじゃないかと思っている。

 

 

今回はそんなイサミチの気持ちを汲み取ってのブログ。

 

あまり下ネタが好きではない僕がギリギリまで攻めてみている。

 

 

 

『僕、プロとかよりもやっぱり素人がいいっす。』

 

 

 

と純粋無垢な笑顔で僕に語りかけた彼はおもむろに携帯を開きとあるアプリを開いた。

 

 

 

それが暇な女子大生も武器にしている【Tinder】なのである。

 

 

Tinder】 は現在地から半径200km以内の参加している人をマッチさせてくれる。

 

彼はこの地フィリピンで【Tinder】を開きそして【素人フィリピーナ】と出会うを目標として掲げだしているのである。

 

 

 

つっつんさん。最終日、僕の宿は別でもいいっすか?

 

フィリピーナの家に泊まりたいんっす、僕。

 

 

 

と言ってくるあたり相当の気合が入っていることを感じれた。

 

 

 

 

この日、僕ら【つっつん海賊団】はマニラ観光。

 

有名な要塞、【イントラムロス】から始まり【サンアグスチン教会】、そして市民の生活が垣間見れる【バクラランマーケット】。

歩き疲れたところで有名な温泉マッサージに寄って最後にロマンチストテライシの希望である【夕日を見る】のベタベタコースである。

 

 

朝起きるとイサミチから

 

『ちょっとお願いあるんすけど…』

 

と何かと思えば

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170216143831j:image

 

 

セットさせられました。

 

 

これも気合の表れ。

イサミチの気持ちはビンビンに伝わってきました。

 

 

 

 そんな身支度が終わり出発した僕ら。

 

 

まずはイントラムロスへと向かった

 

f:id:tsutsumi_223:20170216135228j:image

 

マニラ最古の地区であるイントラムロスは高く厚い壁と堀に囲まれた要塞のような街。

 

フィリピンとは思えないような街で地面は石畳。

スペイン植民地時代の中心地として機能していたからだろうかキリスト教の名残も多々感じることができる。

 

 

異国の地で出会う異国感。

 

 

なんとも不思議な感じである。

 

 

 

もちろんこのイントラムロスを歩いている時もイサミチは

 

f:id:tsutsumi_223:20170216135734j:image

 

マッチしてました。

 

 

 

 お次はサンアグスチン教会

 

f:id:tsutsumi_223:20170216135756j:image

 

ここはフィリピンで三つしかない世界文化遺産の一つ。

1993年に【フィリピンのバロック様式教会群】という名称で登録されている。

 

重厚かつ繊細な作りに目を奪われる。

またずっしりと重い空気は歴史の深さを感じることが出来るだろう。

 

 

そしてこの教会にいる時もイサミチは

 

f:id:tsutsumi_223:20170216135821j:image

 

マッチしてました。

 

 

 

あえてローカルな食堂で100円もしないランチを食す。

 

f:id:tsutsumi_223:20170216145625j:image

 

こういうのもまた現地の人の空気を味わえて面白い。

 

 

 

そのまま現地の風を感じようと向かったのが

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170216135902j:image

 

バクラランマーケット

 

食品から衣料品、更には医薬品や電化製品までなんでも揃うマニラ最大の市場

なんてたって規模がすごい。

約2時間歩き続けても全貌を把握できないくらいである。

 

ちなみにここは少し治安も悪い。

 

テライシは小さい子供にポケットに手を入れられていたようで危うく財布や携帯を取られかけたとのこと。

 

それ以降テライシはカバンを前にし羽生結弦を彷彿とさせる動きでクルクルと回り、辺りを見渡しながら危険を察知していた。

 

 

そしてそんな危険な市場を闊歩している時もイサミチは

 

f:id:tsutsumi_223:20170216135924j:image

 

マッチしてました。

 

 

 

最後に市場で歩き疲れた僕らは予定通り

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170216150435j:image

 

 

銭湯に入りマッサージを受け

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170216140023j:image

 

 

無事男三人で夕日を見ることに成功した。

 

ちなみにマニラの夕日世界三大夕日の一つであり海沿いから見る景色はとても素敵なパノラマとなっている。

 

 

 

その頃になるともうイサミチは

 

 

 『つっつんさん、ヤバイっす。通知止まりません。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170216140139j:image

 

 

と鳴り止まないTinderで

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170216143231j:image

 

 

メッセージのやり取りをしていた。 

 何が『今日から僕らは友達だ』だ。

 

 

 

 

更にイサミチは

 

 

つっつんさん、ちょっと気付いたことあるんですけど、、』 

 

  

と、おもむろにTinderの画面を僕に見せた。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170216151505j:image

 

 

【サクラ感がすごい】

 

 

ほぼメッセージの始まりが同じです。

 

 

日本だと僕が確認するところでサクラがいた報告は一度もない

 

しかしこの異国の地フィリピンではもしかしたらサクラが存在していて何か悪い事件に巻き込まれてしまうのかもしれない。

 

 

 

僕は『少し危ないのではないか?』と危惧していたのですがイサミチは少し捉え方が違ったようで

 

 

みんな同じ指南書的なもの読んでるんでしょうねww

 

 

と言ってました。

 

 

 

いや、絶対違う。

 

 

 いつか騙されろ。

 

 

 

 

ここでもう一度確認しておくがイサミチは

 

フィリピーナとヤりたい

 

 を目標としておりあくまでTinderは手段。

 

もちろん目的を達成する方法としては他にもあるわけで

  

 

f:id:tsutsumi_223:20170216152522j:image

 

 

果敢に

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170216152703j:image

 

 

ナンパしてました。

 

 

 

 

英語もほとんど話さないイサミチだが

 

男はハートっしょ。

 

と言いながらグーグル翻訳アプリ片手に

 

f:id:tsutsumi_223:20170216155439p:image

 

これ見せればいけますわ。

 

と当たっては砕けていた。

 

 

 

フィリピン人の露骨な不快感を人生3回目のこの場で僕は初めて見たのだった。

 

 

 

さて、この流れだといつもなら【失敗→オチ】で終わるのが僕のブログの恒例でもあるし読者の皆様もそれを楽しみにしているだろう。

 

僕もきっと失敗して残念な結果に終わるとそう思っていた。

 

一応そのためにオチとして【結局ゴーゴーバーで果てる】を用意していた僕。

 

 

 

 

 

しかしこのお方は誰だ?と言われれば

  

【イサミチ】 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170216212944j:image 

 

 

なのである。

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この度はご静聴いただきありがとうございました。

 

 

残念だが今回でフィリピンのブログは終了したいと思う。

 

 

本当は他にも

 

 f:id:tsutsumi_223:20170216212412j:image

 

現地のフィリピン人の飲み会に参加してみたり

 

f:id:tsutsumi_223:20170217083342j:image

 

今回僕らお世話になったドミトリーであったり

 

f:id:tsutsumi_223:20170216212446j:image

 

LiLoinveveメンバーでカジノに行き

 

f:id:tsutsumi_223:20170216212519j:image

 

こんな不機嫌な朝を迎えたことも書きたかったが

 

 

 

もうええやろ?書きすぎた。

 

 

 

そんな気持ちである。

 

約1カ月にわたるフィリピンブログ。

 

正直もっと早く書き終えれたんじゃないか?と自問自答するばかりである。

 

とはいえたくさんの人に読んでいただきそしてご来店いただけ『フィリピン行こうと思う』と言ってもらったり、お店でフィリピントークで盛り上がることが出来た時はとても楽しかったことをここに記しておきたい。

 

 

また聞きたいことなどありましたら是非LiLoinveveまで。

各々から楽しい体験記を聞けるかもしれまん。

 

 

 

 

 

ではこのフィリピンブログ最後の締めとして

 

 

 

最終日、イサミチが残した

 

 

 

ほなつっつんさん、テライシくん。また明日空港で。お疲れっす!

 

 

 

という言葉と

 

 

 

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170216180851j:image

 

 

 

こちらの写真でお別れしたい。

 

 

 

 

 

詳しくはイサミチまで。

 

 

 

ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 



〒542-0086
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F
06-6796-8039

 

ご予約はつっつんまで、お電話かからどうぞ。

 

Twitterつっつん @LiLo in veve (@tsutsumi_223)さんはTwitterを利用しています
Instagramつっつん (@tsutsumi_223) • Instagram photos and videos


でも随時ご予約、ご相談などお待ちしております。

 

 

2017年LiLoinveve社員旅行…フィリピンに行ったらまずはここ。みんな大好き『Jollibee』のススメ。

 

 

  

お前と出会ったのはフィリピン初日。 

 

 

昔、何度か会ったことがあったがそんなに魅力は感じなかったのが本音だ。

 

 

 

いや、むしろ【しつこい】

 

そんな風にでさえ思っていた。

 

 

僕が行くところ行くところに付いてくるお前に僕は少し恐怖心さえ芽生えていた。

 

 

 

ただやっぱり向き合ってわかることってあるわけで、お前を知ってから僕はもう虜になっていた。

 

 

 

ただただお前に会いたくて

 

会えば決まったように貪りついて

 

想像以上に俺の好みだった。

 

 

 

日本に帰って来てもう2週間は経つだろうか。

 

 

今でもお前を忘れられないんだ。

 

 

 f:id:tsutsumi_223:20170209193407j:image

 

 

Jollibeeよ。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

『ド、ドキンちゃん?』

 

 


僕がJollibeeと初めて出会った時の感想である。



謎の未確認生物。


日本にでは見たことない彼は今日も明日も明後日も、そしてこれからずっとたくさんの人を迎え続けるのであろう。


ギョロっとした目。
無駄なあひる口
よく見れば着ている赤いスーツ。
そしてマスコットあるあるの無駄にでかい靴。

 



色々なキャラクターを合わせて作ったようなフォルムをしているJollibeeはいつも僕らを笑顔にしてくれた

 

 

今回のフィリピンで初めて食べたのも

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170209183148j:image

 

 

【Jollibee】だった。

 

 

 

ここで【Jollibee】について説明しよう。

 

 

世界に進出し、各国においてファストフード業界のトップシェアを保持しているマクドナルドがフィリピンでシェア第一位になれない原因は、ジョリビーがあるからだと言われている。

 

そう、ジョリビー(Jollibee)はフィリピンの最大手のファーストフードチェーン店。

あの島国でその数なんと1287店舗もあるというから驚きである

 

 

 

なんといってもメインはこのチキンスパゲティ

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170213190102j:image

 

 

チキンには麻薬と言っても過言ではないほど中毒性溢れるスパイスがかけられておりジューシーなチキンとの相性は最高だ。

 

男は豪快に素手でチキンを持ち上げかぶりつけばフィリピンガールの心を奪うのはもちろんその日1日はずっとスパイスの匂いが指から取れないのでいざという時の非常食としても活躍できる。

 

 

 

 

横についているスパゲティもまた美味しい。

 

 

見た目はミートソーススパゲティ

なのだがフィリピンのケチャップ原材料がバナナから出来ており比較的甘めに出来ている。

 

麺には残念ながら【アルデンテ】なる概念は存在しない。

味と食感、イメージするならお弁当に入ってる赤いスパゲティの味だろうか。

 

小さい頃からあの赤いスパゲティを思う存分食べてみたかったそこのあなたは是非チャレンジしてみてくれ。

 

 

 

さて、フィリピンに滞在すること実質5日間。

僕はその限られた時間の中で思う存分ジョリビーを堪能してきたと思っている。

 

なんと行くこと5回

 

1日3食と計算すると

 

4日間×3食=15食

 

つまり1/3を【Jollibee】に捧げてきた

 

 

それほど気軽にそして何処にでもある【Jollibee】はフィリピンでの食事問題を助けてくれるだろう。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170213193223j:image

 

 

こんな感じで【Jollibee】を見かけたら是非記念に写真を撮ってくれ。

 

 

f:id:tsutsumi_223:20170213193335j:image

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

ちなみに日本に帰ってきてスタッフと話し合った結果

 

Jollibeeはそこまで美味しくない

 

という驚くべき結論になったので【好みは人それぞれ】ということもつけておきたいと思った僕だったのだ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  



〒542-0086
大阪府大阪市 中央区西心斎橋1丁目10−28 心斎橋Mビル 3F
06-6796-8039

 

ご予約はつっつんまで、お電話かからどうぞ。

 

Twitterつっつん @LiLo in veve (@tsutsumi_223)さんはTwitterを利用しています
Instagramつっつん (@tsutsumi_223) • Instagram photos and videos


でも随時ご予約、ご相談などお待ちしております。